楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

あなたは、犬派(犬好き)?猫派(猫好き)?犬派と猫派の特徴を知ってみてはいかが?!

犬派・猫派
動物のなかで、意見が分かれる問題と言われているのが、犬派と猫派!?

動物の質問をする上で最初の質問の一つといえばこの質問で、いろいろな場面で話題に上がることが多いと思います。

犬派と猫派では、人間の性格などの違いが存在していると言われており、犬派と猫派では違った性格になります。

犬派と猫派の違いとは何なのでしょうか?

 

☆犬派と猫派の違い

〇犬派と猫派の人数

犬派と猫派どちらが多いかというと、6対4で犬の方が好きと答える人が多いようです。

猫の方が好きと答える人のほうが若干少ない傾向にあります。

また、インターネットで検索する人数も猫より犬の方が多いと言われており、犬の方が人気が高いということになります。

 

しかし、ネット上の検索ワードでは犬の方が人気なのに、猫の方が上回っているものがあります。

それは画像や動画などのコンテンツです。

犬の方がネット上で人気があるにも関わらず、猫の動画や画像の方が多いというのは、猫を飼っている人の方が動画や写真などをネット上に公開して一緒に楽しみたいという感じではないでしょうか。

まあ、犬派・猫派どちらにしろ人数が多いから優れているというわけではありません。

だから犬派と猫派でもめるのはやめましょうね。

 

しかし、犬派と猫派にはそれぞれ特徴があることを知っていますか?

では、犬派と猫派の特徴を簡単に紹介します。

 

犬好き

〇犬派(犬好き)の特徴

犬派(犬好き)の人は、聞き上手で表現豊かでコミュニケーション能力が高いと言われています。

そして友好的なので誰とでもすぐに仲良くなれる傾向が高く、信頼関係を大切にするという傾向も高いです。

しかし、犬派(犬好き)の人は、安定志向が高くリスクを避ける傾向が高いです。

群れで生活している犬にた性格になることがわかっています。

 

猫好き

〇猫派(猫好き)の特徴

猫派(猫好き)の人は、孤独が好きで、冒険心や好奇心が強く、追求する能力も高いので、クリエイティブで芸術家や学者などに向いていると言われています。

しかし、猫派(猫好き)の人は、人見知りで個人志向が高いので、コミュニケーションが苦手な傾向が高いです。

猫派の人は自由気ままに生きる猫のような性格になります。

 

犬派(犬好き)と猫派(猫好き)の特徴は、あくまでも傾向であって、必ずそうであるというものではありませんので、犬派・猫派だからといって勝手に決めつけない方がいいですよ。

 

猫

〇犬派と猫派でアウトドア派とインドア派にわかれる?!

犬派と猫派で比べると犬派の方がアウトドア傾向が高いと言われています。

犬派は性格的に明るくて社交的な面をもっているので、外でワイワイ仲間とすごすのが好きだという感じです。

猫派は犬派に比べたらインドア派の傾向が高いので、一人で黙々と何かをすることに優れています。

 

〇モテるのは犬派?猫派?!

犬派の方が人当たりが良いので、他人から好かれやすくモテる傾向が高いと言われています。特に女性の場合は、犬派のほうがモテやすい傾向にあると言われています。しかし、男性はあまり変わりません。

そして、犬派の方は保守的な傾向があるので、猫派の方が刺激的な恋愛ができる傾向が高いと言われています。

しかし、犬派は、攻撃性が強い傾向にあるとも言われています。

単身で猫を飼っている女性で猫を飼っている女性の独身率は高い傾向にあります。

 

犬

○儲かるのは犬派らしい?!

犬派と猫派の特徴を紹介してきましたが、猫派より犬派の方がお金が儲かる傾向にあるようです。

理由としては、社交性が高いので世渡りが上手だからではないかと考えられています。

本当の理由はよくわかりません。

 

統計学的に調べると犬派の男性は、猫派の男性のよりも100万円程度も高い年収だと言われています。

しかし、猫派の方が高い年収をもらえる可能性もあります。

なぜなら、猫派の方はクリエイティブな性格であり、冒険心や好奇心が強く、追求能力も高いので、大きく成功する可能性があるからです。

ちなみに、飼うなら猫の方が初期費用や飼育費などは安いが年収の差の100万円が埋まるほどの差は出ません。

 

犬派と猫派には、長所もあれば、短所もあります。

どちらがいいとは断定できませんが、犬派(犬好き)・猫派(猫好き)には、こんな傾向があるということを知っておくと役立つかもしれませんね。

しかし、何度も言いますが、あくまでも犬派(犬好き)・猫派(猫好き)の傾向であって、必ずそうであるというものではありませんよ。

 - 雑学