楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

花粉症かも?!花粉症は誰でもなるアレルギー症状!鼻水ダラダラ・目がショボショボ。どうすればいいの?

2201くしゃみが出るし鼻水が出る。目がショボショボして痒い。

このような症状をお持ちの方はいませんか? もしかして「花粉症」かもしれませんよ。

 

そんな症状はありませんという方も、花粉症のことを知っていると花粉症の方のことを理解してあげられると思いますので、ちょっと学んでいってください。

なんだか 胡散臭い感じで書き始めてしまいましたが、花粉症の事を説明していきますね。

 

〇花粉症とは?

花粉症は、いつ誰でもなる可能性があります。

去年、花粉症じゃなかったからと言って今年も花粉症じゃないとは言い切れない!

花粉症は、いつなるかわからない誰でもかかる可能性のあるアレルギー症状なのです。

もしかしたら、あなたも今年から花粉症になるかもしれませんよ。

 

花粉症とは、植物から出る花粉が目や鼻の粘膜に接触することによって過剰にアレルギー反応を起こして、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどの症状がでる症候群のことです。

花粉症は、別名、枯草熱(こそうねつ)とも言われています。

枯草熱と言う名前の由来は牧草が枯れる初夏の時期に起きる病ということです。

 

〇花粉症の原因

花粉症の原因は、主にスギ花粉ですが、ヒノキ花粉やブタクサ花粉やヨモギ花粉など様々な花粉症があります。

花粉症の季節としては、多くの方の花粉症の原因であるスギ花粉が発生する春先が有名ですが、先にも述べたように、花粉症の原因である花粉によっては、年中アレルギー症状をもたらすものもあるんですね。

北海道では、スギが少ないためスギによる花粉症が少なく、イネ科の植物やシラカバなどの花粉症が多いんですね。

 

そして 花粉症と似た症状のものとしては、ホコリやハウスダストなどによるアレルギー症状もあります。

花粉症の季節でないのに・・。外に出ていないのに・・。花粉症と似た症状がある場合は、部屋の掃除などをすると改善する場合があるので、まずは掃除をしてみて下さい。

 

〇花粉症だと思ったらどうする?

もし花粉症だと思ったら早めに病院に行くことをおすすめします。

花粉症だと思ったら耳鼻咽喉科に行きましょう。

花粉症にもっとも詳しい医者は耳鼻咽喉科になりますので、耳鼻咽喉科をおすすめします。皮膚や目に症状が出る場合は、その専門の病院に行くこともいいと思います。

病院に行くと 診断してくれて治療し、症状を和らげる薬などを処方されますので、辛い症状に悩まなくてすみますので、早めに病院に行った方がいいんですね。

 

〇花粉症対策

花粉症だと診断されたら治療や薬で症状の緩和をするだけでなく、自分でも花粉を寄せ付けないように工夫しましょう。

花粉症の原因である花粉を寄せ付けない為に、鼻や目を保護するマスクやメガネをすることによって、花粉症の症状を軽減することができます。

花粉をシャットダウンする為にも、マスクはできるだけ隙間のないマスクを選ぶことが大切ですよ。

 

そして、マスクやメガネは花粉症に関係あるけど、衣服は関係ないと思っていませんか?

衣服も花粉症に少し関係があるのです。

衣服に何が関係あるのかと思われるかもしれませんが服にはたくさんの花粉が付きます。

 

服に付いた花粉は、家に帰ったあと室内でばらまかれるので想像しただけでも、クシャミが出そうになる人もいるのではないでしょうか?

花粉を室内に持ち込まないためにもウールなどの花粉の付きやすい衣服はできるだけさけて、コートはできるだけスベスベのものが良いのですね。

衣服をきにかけるだけでも、花粉症の症状を軽減することができるのです。

 

そして、家の中に花粉を持ち込まない為にも、家の前で一度、衣服を払い花粉を取り除くなども大切です。

玄関の前で、衣服についた花粉を少しでも取り除くことで花粉症の対策ですね。

 

さらに、最近では、空気清浄機などで花粉対策をできる物も多いので、そのような空気清浄機を利用することでも、花粉症の症状を抑えることができます。

花粉症は辛いものです。しかし 少し気にかければ花粉症と仲良く付き合っていけるのではないでしょうか。

 - 健康, 生活