楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

温泉にはどんな効果があるの?!温泉の効果を知って心身共に健康になっちゃう?!でも温泉には危険もある?!

温泉の効果
日本は温泉大国といわれるぐらいに多くの場所に温泉がありますよね。

そんな温泉ですが、好きだという人も多いと思いますが、私は子供の頃は、お風呂があまり好きではなかったので、温泉も好きではありませんでした。

しかし、ある程度の年齢に達すると、大きいお風呂でゆったりタイムが心地よくなり、温泉も良いかも?と思えるようになってきたのです。

あなたは温泉が好きですか?

温泉が好きだという方は、別に温泉の効果を知る必要もないかもしれませんが、温泉があまり好きではないという方は、温泉の効果を知ることで、温泉が好きになるかもしれませんよ?!

温泉は健康に良いというイメージがありますが、本当に健康に良いのか?と思っている人もいると思いますので、温泉の健康効果について紹介してみます。

温泉効能

 

〇温泉の効能・効果はいかに?!

一概に温泉といっても、いろいろな種類があり、種類によって効能に違いがあります。

しかし、一般的に多くの温泉の効能としては、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、健康増進などがあります。

どんな温泉に入っても、ある程度の健康効果を得ることができるということですね。

 

そして温泉の種類によっては、切り傷、火傷、慢性皮膚病、動脈硬化症、糖尿病、痛風、慢性婦人病、便秘、高血圧症など多くの症状や病気に効果があるといわれているのです。

だから、温泉は健康に良いということなのですね。

温泉

さらに、健康効果以外にも温泉には美肌効果やリラックス効果などもあります。

美肌温泉とか聞いたことがあると思いますが、美肌効果が期待できる温泉もあるのですね。

温泉でゆったりしたら、リラックス効果を感じると思いますが、その通りで温泉にはリラックス効果が期待出来るのです。

 

そして、温泉でなくても、お風呂は健康に良い効果をもたらすのです。

〇温泉じゃなくてもお風呂は健康に良い?!

温泉でなくても、温かいお湯につかるお風呂も健康に良いのです。

お風呂に入るとこで、温熱効果・浮力効果・水圧効果などの健康効果によって、血流が良くなり、肩こり・腰痛などの解消や疲労回復、リラックス効果もあるのです。

お風呂でココロもカラダもリラックス♪一番風呂は健康に悪い?!

 

しかし、温泉やお風呂には危険性が潜んでいるとこを知っているだろうか?

☆温泉やお風呂の危険性についても知っておこう!

温泉やお風呂には、健康に良いという効能があるのですが危険性もあるのです。

温泉ですが、入浴するときに熱いと感じることが多いですよね。

そんな熱い温泉に入浴することでヒートショックを起こす危険性があるのです。

さらに露天風呂などでは、外の気温とお湯の温度差によって、よりヒートショックを起こす危険性が高くなります。

温泉

〇ヒートショックとは?

ヒートショックのことを知らない人もいると思いますので、ヒートショックについて少し説明しておきますね。

ヒートショックとは、急激な温度の差によってもたらせられる身体への悪影響のことです。

急激な温度変化によって、血圧が大きく変動して体に負担がかかり、急激に血圧が上昇した場合は危険な心筋梗塞、脳梗塞などを起こして、最悪、死亡する可能性もあるのです。

逆に急激に血圧が低下した場合は、脳貧血を起こして、倒れて怪我をしたりする場合もあります。

 

だから、温泉やお風呂に入るときには、温度の差によるヒートショックに気を付けるべきなのですね。

特に高血圧の方は、危険性が高いので、十分注意が必要です。

温泉やお風呂などに入るときは、熱いお湯をいきなり頭からかぶるのではなく、足下など心臓から遠い場所からお湯をかけることで急激な血圧の変化を防げるので、足下から徐々にお湯をかけて体を温めてから、温泉やお風呂に入りましょう。

 

そして、熱い温泉やお風呂での長風呂も危険ですよ。

〇熱いお湯での長風呂は危険?!

熱いお湯につかると、気持ちよいと感じる方も多くいると思いますが、それは脳が酸欠状態で勘違いしているだけかもしれません。

熱いお湯につかると数分で血液がドロドロになり、さらに汗をかいて体の水分がなくなるので、血液がドロドロになって危険なのです。

なぜ危険かというと、ドロドロの血液になると脳が酸欠状態になりますし、さらにドロドロの血液を循環させるために血圧が高くなりますし、血流が悪くなって血管にも負担がかかるので、心筋梗塞、脳梗塞などを起こしてしまう可能性が高くなるのです。

 

だから、熱い温泉やお風呂で長風呂は危険だということです。

なるべく危険を低くするためには、水分補給が大切になりますし、熱いお湯での長風呂はやめておいた方がいいと思いますよ。

温泉・お風呂

〇温泉の健康効果と危険性を知ったら温泉へレッツゴー!!

温泉には健康効果や美肌効果、リラックス効果などがありますが、危険性もあることを理解していただけたと思います。

危険性も理解した上でも、温泉には素敵な効果がありますので、温泉に行きたくなったのではないでしょうか?

では、自分にあった素敵な温泉を探せるサイトを紹介しておきますね。

温泉、日帰り温泉、スーパー銭湯が満載|@nifty温泉

日帰り温泉の検索:デイ温泉ドットコム

 - 健康, 生活