楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

喧嘩するほど仲が良いの?!喧嘩によって違うかも?!喧嘩のメリット・デメリットはいかに?!

喧嘩するほど仲が良い?
誰もが喧嘩をしたいとは思わないけど、喧嘩になってしまうことはありますよね。

我慢をして喧嘩をしないという人もいるかもしれませんが、我慢をしすぎるのもあまりよくありません。

我慢は良いこと?悪いこと?ある程度の我慢は大切だけど我慢のしすぎは様々な悪影響を及ぼす!

でも、我慢はあまりよくないからといって、喧嘩をしてもいいわけではありません。

「いったいどっちやねん!」と思うかもしれませんが、喧嘩をする前に喧嘩をしないで解決する方法を考える必要があり、なるべく喧嘩をしないですむ方法を選ぶべきなのです。

 

でも、喧嘩になってしまうことはあると思います。

しかし喧嘩をしても、暴力は絶対にダメです。

なぜなら暴力は犯罪行為であり、法治国家である日本では法律によって罰せられるからですね。

喧嘩といっても口喧嘩でなければ、大変になることを理解しておくことが大切ですよ。

もし喧嘩で暴力をふるえば、警察沙汰になり多くの物を失うことになります。

 

しかし、喧嘩するほど仲が良いという言葉を聞いたことがあると思いますが、喧嘩をすることは悪いことでは無いような感じに思えるような言葉もあります。

本当に喧嘩するほど仲が良いのでしょうか?

喧嘩

〇喧嘩するほど仲が良いのか?

喧嘩するほど仲が良いという言葉の意味は、仲が良い人とは本音を言い合えるので喧嘩をできるという意味です。

そして仲が悪い人とは、お互いに関係を持ちたくないので喧嘩をすることもないという意味や、仲が良くない人とは、お互いに遠慮をするので喧嘩をしないという意味でもあります。

 

実際に友達や恋人、家族など仲がいい人と喧嘩をするのは、仲がいいからだとも言えます。

しかし、仲が悪い人や仲が悪くなった人とも喧嘩をするのが事実だと思います。

仲が悪くても、仕事などで関係を持たなければならない場合もありますし、家族や友達とも仲が悪くなって喧嘩をすることもありますよね。

だから、一概に喧嘩するほど仲が良いとは言えないのですね。

仲が良い人とも喧嘩になりますが、仲が悪い人とも喧嘩になるということです。

 

喧嘩はあまり良くないことですが、喧嘩は悪いことだけなのか?それとも良いこともあるのか?

喧嘩のデメリットとメリットについても考えていきます。

☆喧嘩のデメリット・メリット

多くの人が思い付くのは、喧嘩のデメリットですよね。

では、始めに喧嘩のデメリットを復習してみましょう。

 

〇喧嘩のデメリット

喧嘩のデメリットは、喧嘩をすると自分も相手も傷つくことになります。

喧嘩をすれば、面白くありませんし、嫌な気持ちになりますよね。だから、喧嘩をすれば、誰もが傷つくことになります。

そして酷い喧嘩をすれば、仲が良かった人とでも人間関係の修復ができないことになるかもしれません。

さらに暴力をふるうような喧嘩をすれば、警察沙汰になって犯罪者になってしまいます。

 

また、喧嘩をすることがストレスになる場合もあります。

そんなこんなで上げればきりが無いぐらいに、喧嘩にはデメリットがあります。

だから喧嘩は悪いことだらけのように感じますが、デメリットだけではなくメリットも少しぐらいはあります。

喧嘩のメリット・デメリット

〇喧嘩のメリット

喧嘩のメリットは、喧嘩をすることで相手の本音を知ることができることではないでしょうか?

しかし、相手の意外な本音を知ることで傷つく可能性もありますけど・・・。

 

そして喧嘩をすることは、ストレスをため込まないためにも必要だといえます。

喧嘩をしないために我慢をしてストレスをためるより、少しぐらいは喧嘩をすることも大切だということですね。

そして喧嘩をすることで相手との距離を縮めることができる場合もありますし、対等な関係を築くこともできる場合があります。

良い人ぶって我慢をし続けるよりも、たまには軽い喧嘩はメリットもあるということですね。

 

但し、酷い喧嘩をすれば、人間関係を壊すこともありますので注意が必要です。

ルールと限度を守って喧嘩をすれば、喧嘩には少しぐらいはメリットもあるということです。

そして、喧嘩のメリットを得るためには、仲直りをすることが前提になることも知っておきましょう。

 

しかし、やはり喧嘩は、メリットよりデメリットの方が大きいと思いますので、ある程度の我慢は大切ですよ。

喧嘩をしないで、冷静に話し合った方が良いと思います。

暴力反対

そして喧嘩は当事者だけではなく周りの人にも悪影響が及びます。

例えば、仲の良い友達同士が喧嘩をすれば、喧嘩に参戦していない周りの人も嫌な気持ちになりますし、どちらの味方をすればいいのかなど、いろいろな問題が生じますよね。

さらに夫婦喧嘩をすれば、子どもに多くの影響が及びます。

 

〇喧嘩が与える周りへの影響?!

喧嘩をすれば当事者だけの問題にならない場合もあるのです。

周りの人にも嫌な思いをさせることになるので、喧嘩は周りの人のことも考えるとしない方がいいですね。

そして、子どもの前で酷い夫婦喧嘩をしていると、子どものトラウマになり精神疾患の原因になることもあるようです。

だから、大人のみなさんは、子どもの前で酷い夫婦喧嘩は禁物ですよ。

喧嘩の悪影響

〇結局、喧嘩は良いこと悪いこと?!

仲が良い人とも喧嘩をすることもありますし、仲が悪い人とも喧嘩をすることもあるので、喧嘩するほど仲が良いというのは、本当であり嘘でもあるということになります。

喧嘩をしなくても仲が良い人もいますし、喧嘩をしても仲が良いという人もいるのですね。

 

そして喧嘩には少しのメリットと大きなデメリットがあるということです。

節度のある喧嘩をすればメリットも少しはあるが、度を超える喧嘩はデメリットだらけだということですね。

だから喧嘩はあまりしない方が良いってことではないでしょうか?(*^▽^*)

 - 思考, 生活