楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

体重計を使うときに知っておきたい注意点?!北海道と沖縄では違いがある?!体重計より体重体組成計を使った方がいいかも?!

体重計
最近、太ってきたかも?結婚してから太ってしまった。そんなときには体重計で体重を測りますよね。

体重のことを多くの人が気になるので、体重計で体重を測ると思いますが、体重計で体重を測る前に知っておいた方がいいことを知っているでしょうか?

沖縄で購入した体重計を北海道に持って行くと正確な体重を測ることができないことを知っていますか?

あなたの体重計は大丈夫ですか?もしかすると正確に体重を測れていない可能性がありますよ。

体重が違うかも

○沖縄の人は遠心力によって体重が軽くなる!?

遠心力という言葉をみなさん聞いたことがあると思いますが、遠心力は物体を回転させたときに物体が外に行こうとする力のことです。

ハンマー投げは、遠心力を利用してハンマーを遠くに飛ばしていますが、地球も回転しているので、感じることはありませんが常に遠心力が発生しているのです。

特に赤道に近い程、大きく回転するので遠心力が強くなり、北極点や南極点は回転の軸にあたるので、ほぼ遠心力がありません

つまり、日本で一番赤道に近い沖縄は、他のどの都道府県よりも強く遠心力がかかっているのです。

 

体重は重力によって発生しており、地球に引っ張られる力なので、地球の外の向かう遠心力は反対の力となり、遠心力が強い場所では体は軽くなります。

だから、身軽になりたいと感じている人は、遠心力が強い沖縄に行くとよいですよ。

ちなみに、軽さを求めるなら、重力が弱い月に行くと約6分の1の軽さになります。

体重は遠心力で変わる

○北極点と赤道でも体重の誤差は0.5%!?

遠心力によって体重の変化はありますが、遠心力よりも重力の方が大幅に強いので、体が宇宙空間に投げ飛ばされることもなければ、変化を感じることもありません。

大袈裟に体重が変わると説明しましたが、北極点と赤道であっても、誤差が0.5%であり、北極点で体重50kgの人でも、250g程度の変化がでるだけなのです。

日本では、北海道と沖縄では、誤差は0.125%ほどとなっており、100kgのひとで、125gの変化がでるだけです。

 

しかし、日本で販売されている体重計は、この誤差を考慮して作られているモノもあり、3つに分かれていることが多く、沖縄、北海道、その他となっているのです。

最初は、販売されている地域に設定されているので、住んでいる場所と購入した場所が大きく離れている場合は、誤差がでることがあるのですね。

体重計によっては設定で地域を変更できる場合がありますので、ネット通販で購入する場合は、地域の設定ができるモノを購入した方がいいかもしれません。

しかし、それほど大きな誤差ではないので、気にならない人は無視してもいいと思います。

体重計

○体重測定をするときはカーペットには気をつけた方がいいかも?!

体重計で問題になるのは、遠心力よりもカーペットであり、カーペットの上に体重計を置いて体重を測ると誤差がでやすいとされています。

カーペットは、クッションとしての役割があるため力を分散してしまいます。

そのためカーペットの上で体重を測ると、本来の体重よりも低い値が表示されることになります。

本人としては、軽い体重で嬉しいかもしれませんが、体重計が正確に測れていないだけで、体重は一切代わっていません。

だから、正確な体重を測るためには、体重計を硬い床の上に置いて測るのがいいのですね。

体重変化

○体重は1日に1kgは誰でも変動している?!

体重は1日の間にも変化をしており、食後と空腹時では1kgの体重が変化してもおかしくありません。

たとえば、水を一気に1L飲むと、体重が1kg増えるので、水分をとっているか、いないかでも体重は変化するのです。

だから、体重を測定するときは、毎日同じ時間に測定すると変化が少ないですが、水分によっても変わるので、1kgの誤差は気にしない方がいいのです。

 

体重の変化は、1日の変化よりも1週間や1ヶ月にどのぐらい変化をしているかが重要になります。

私たちの体重は日々変化していますので、硬い床に体重計を置いて、継続的に体重が増えていないかを確認するといいのです。

太りすぎて、糖尿病やメタボリックシンドロームになってしまわないように、定期的に体重を測定することも大切ですよ。

体脂肪

そして、体重だけを気にしてはダメですよ。

筋肉の方が脂肪よりも重く、運動をして筋肉が増えれば、見た目では痩せても体重が増えることもあります。

そして、体重が減っても脂肪ではなく筋肉量が減ったのであれば、健康的ではありませんし、太りやすい体質になっている可能性もあるのです。

〇体重よりも体脂肪の方が重要かも?!体重体組成計で測っちゃう?!

同じ身長で同じ体重でも、見た目が全然違う場合があります。

なぜなら、筋肉の方が脂肪よりも重く、マッチョな人は意外と体重が重いからです。

体重を気にする人が多いと思いますが、本当は体重よりも体脂肪や筋肉量の方が見た目的にも健康的にも大切なのですよ。

 

そんな体脂肪や筋肉量を知るためには、体重から体脂肪率や筋肉量、内臓脂肪といったからだの組成(体組成)を測ってくれる体重体組成計を利用する必要があります。

普通の体重計で体重の管理をしている人は、体重体組成計でもっと大切な体脂肪率や筋肉量、内臓脂肪を管理してみてはいかがでしょう。

体重はある程度の指標になりますが、健康管理のためには体重体組成計で体脂肪率や筋肉量、内臓脂肪を知っておいた方がいいのですよ。

 - 生活