楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

抹茶好きには朗報!!抹茶には良い効果がたくさんあるらしい?!抹茶が嫌いな人も抹茶の効果を知ると好きになるかも?!

抹茶
抹茶と言えば、上品な方がお茶会で、茶碗に抹茶を入れてお湯を注ぎ、茶筅(ちゃせん)を使ってシャカシャカと点てて、手の上で茶碗を廻して飲んで「結構なお点前で」という光景を思い浮かべる人もいると思います。

だから、自分には抹茶は別世界の物だと思っていた人もいると思いますが、抹茶は、お茶だけではなく、スイーツなどにもよく使われるようになり、多くの人が抹茶を食べる機会が増えましたよね。

抹茶のお菓子

そんな抹茶の香りやあのほろ苦さに魅了され好きな人もいれば、あのほろ苦いのが苦手だから抹茶を嫌いだという人もいると思いますが、私は好きでも嫌いでもなく普通という感じです。

ちなみに、私の妻は、抹茶が大好きで、とりあえず抹茶味のモノであれば、試しに購入しちゃうのですね。

そんな抹茶ですが、美味い不味いだけじゃなく、いろいろと良い効果があるようなのですよ。

 

☆抹茶の驚きの効果

抹茶は美味いだけじゃない!?(嫌いな人は不味いだけじゃない?)なんと抹茶にはいろいろな驚きの良い効果があるのです。

○老化防止の効果

抹茶は抗酸化物質(ポリフェノール)がとにかく豊富なので、老化防止効果が期待できるのです。
また、抗酸化物質により癌の予防効果も期待できると言われています。

 

○腸内環境を整える

抹茶に含まれるカテキンは、腸の働きを活性化しますし、抹茶には食物繊維も含まれているので体内の老廃物を除去して腸の状態を整えてくれるのです。

 

○脂肪燃焼(ダイエット)効果

抹茶に含まれるカテキンとカフェインには、体内の脂肪燃焼を促す作用もあり、カテキンが食事の油の吸収をも抑えてくれるのでダイエット効果が期待できます。

 

○口内環境を整える

抹茶に含まれるカテキンには殺菌作用もあり、抹茶を食べることで歯周病や口臭の原因となる雑菌の繁殖を抑制することができるのです。
だから、口臭が気になる方や歯周病が気になっている方は、抹茶をお試しあれ!

 

○美肌効果

抹茶には、お肌を紫外線から守るビタミンCも豊富ですし、美肌に効果的なビタミンEやカテキンが含まれているから美肌効果が期待できるのですね。
最近、お肌の調子が悪いと感じている方は、抹茶で美肌になってみてはいかがですか?

 

○免疫力アップ効果

抹茶には、ビタミンCも豊富に含まれており、免疫力も高めてくれると言われています。
風邪などをよくひく人は、抹茶で免疫力をアップしちゃいましょう。

 

○リラックス効果

抹茶に含まれるテアニンには、リラックス効果のあるセロトニンやドーパミンといった神経伝達物質ホルモンの分泌を促す効果があるので、リラックス効果が期待できると言われています。
だから、ストレスを感じているという人は、抹茶タイムでリラックスしてみてはいかが?

このように抹茶には、いろいろな良い効果があり、また、他にもタンパク質やミネラル、セレニウム、クロミウム、亜鉛およびマグネシウムなども含まれているので、多くの健康効果が期待できるのです。

 

抹茶

そして、抹茶には、意外にも多くのカフェインが含まれており、その抹茶に含まれるカフェインには、メリットもあるのですが取り過ぎるとデメリットもあるのです。

○抹茶に含まれるカフェインのメリット・デメリット

では、抹茶に含まれるカフェインのメリットとデメリットについて紹介しておきます。

 

○カフェインのメリット

カフェインには、覚醒作用があり眠気を覚ましたり、集中力を高めたりする効果があります。

また、カフェインは脂肪燃焼を促す作用があるので、ダイエット効果も期待できるのです。

そして、あのズキズキと嫌な頭痛である偏頭痛の緩和作用もあると言われています。

このようにカフェインには、メリットと思える効果もあるのですが、デメリットもあるのです。

抹茶

○カフェインのデメリット

カフェインには、利尿作用がありトイレが近くなり、過剰摂取すると脱水症状を引き起こす原因にもなるのです。

そして、カフェインを過剰に摂取すると、目まい、動悸、しびれ、頭痛、睡眠障害、嘔吐などの急性カフェイン中毒を起こす可能性があり、最悪、死に至ることもあるようです。

さらに、カフェインは、健康的な体を維持するために大切な鉄分の吸収を阻害しますし、カルシウムの吸収も阻害します。

このようにカフェインには、デメリットもあるのです。

ただし、カフェインの摂取量が過剰でなければ、基本、有害な影響はないので問題ありません。

 

しかし、妊娠中や授乳中の人は、カフェインの摂取には特に気を付けるべきなのですよ。

胎児や赤ちゃんは、カフェインを分解・排出する能力が低く、カフェインの影響を受けやすいので、カフェインによって流産や発育障害などの深刻な事態を招く恐れがあるのです。

さらに、カフェインは妊娠中に不足がちになる鉄分やカルシウムの吸収を阻害します。

だから、妊娠中や授乳中の人は、カフェインの摂取には気を付けるべきなのですね。

抹茶

○抹茶はほどほどに?!

抹茶には、いろいろな良い効果が期待できるので、抹茶はオススメだと言えます。

しかし、抹茶はコーヒーよりはカフェイン量は高くないものの、他のお茶よりはカフェインの量が多いのです。

だから、抹茶を過剰に摂取するとカフェインのデメリットにより、悪影響がでる可能性もあるのですね。

 

何事もほどほどが良いといいますが、抹茶もほどほどがいいということです。

抹茶が好きだという人は、ほどほどに抹茶を楽しんで、抹茶の良い効果を得ちゃいましょう。

そして、抹茶があまり好きでは無いという方も、抹茶の良い効果を得るために、抹茶をたまには飲んだり食べたりしてみてはいかがでしょう。

 - 健康, 意外