楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

「おなら」の元は、誰でも毎日大量に発生している?!おならを我慢すると危険かも?!


皆さんは「おなら」にどのようなイメージを持っているでしょうか?

おならのイメージと言えば、臭い、汚いなどの悪いイメージを持っている人が多いと思います。

ちなみに、私もおならは臭いイメージしかありません。

 

そんな、多くの人に悪いイメージをもたれている「おなら」ですが、体に悪い物ではなく、誰でも毎日のように体の中で作られているのです。

また、多くの人がおならと呼び、おならは屁やガスと呼ばれることもありますが、きちんとした正式名所はないようです。

だから、おならについて少し知ってみませんか?

 

〇おならは非常に多く作られている?!

おならは1日に何度もするような物ではないと思っている人もいるかもしれませんが、人の体では、おならの元となるガスが毎日のように大量に発生しています。

その量は1日に、0.5~1.5L程度と言われており、1日に5~20回ほど、おならをしてもおかしくない量なのです。

おならが、1日に10回ほど出るので、体調がおかしいのかもと感じている人もいるかもしれませんが、基本、全然問題ないようです。

 

ただ、おならは、周りの人に迷惑ですし恥ずかしいので、多くの人は人前で行わないですよね。

しかし、おならをしていないと思っていても、音を出さずに少しずつガスが抜けていくこともあるので、おならとしてガスを排出していない場合も多いようです。

1日に1回も、おならをしないという人もいるかもしれませんが、誰でもガスは発生するので少しずつ抜けているか、排便時に排出されているということですね。

 

おならが出ることが嫌だと思うこともあるかもしれませんが、1日に大量のガスが発生しているので、おなら出るのは仕方がないことなのです。

だから、周りの人がもしおならをしても、仕方がないことだと思って、気にしないことも大切かもしれませんね。

しかし、周りに人がいるときには、マナー違反になりますので、極力おならはしない方がいいと思います。

おならが出そうなときには、トイレでしましょう!

 

そして、おならが出ない方がいいと思っている人もいるかもしれませんが、おならが出ない方が問題なのですよ。

〇おならが出ない方が問題?!

おならは、腸内で発生するガスによって作られるのですが、腸内でガスが発生するのは、腸がきちんと働いている証拠なのです。

おならが出ないとなると、腸内がきちんと働いていないか、腸内にガスが溜まっていることになります。

おならが出る人よりも、おならが出ない人の方が問題となるのです。

 

そして、おならを我慢することには、悪影響があるのですよ。

○おならを我慢するとかなり問題?!

誰もがおならを我慢するときはありますよね。

しかし、おならをいつも我慢するのは、やめた方がいいのです。

なぜなら、おならを我慢すれば悪影響があるからです。

では、おならを我慢することで起こりえる悪影響について紹介します。

 

1.おならを我慢すると口臭と体臭が臭くなる

おならを我慢すると、おならになって排出されるはずだった臭いが口や体から排出されることになるので、口臭や体臭が臭くなる場合があるのです。

だから、周りの人を気にして、おならを我慢することも大切ですが、口臭や体臭によって嫌われる可能性があるので、おならは我慢するのではなく、トイレに行ってきちんとした方がいいのですよ。

 

2.おならを我慢すると腹痛になる

おならを我慢すると、大腸にガスがたまって臓器を圧迫して腹痛を起こす場合があるのです。

 

3.おならを我慢すると健康を害する

おならを我慢すると、腸内にたまったガスが血液に戻り、有害成分によって肝臓に負担をかけますので、肝機能障害の原因になり、「糖尿病」や「高脂血症」の原因にもなります。

さらに、動脈硬化、脳卒中、心疾患、癌などの原因にもなると言われています。

また、おならを我慢することが原因で婦人病やアレルギー疾患になる可能性もあると言われています。

 

たかが、おならだと思っているかもしれませんが、おならを日々、我慢していると健康にとても悪影響を及ぼす可能性があるのですね。

このようにおならを我慢すると悪影響があるので、おならは我慢しないでトイレに行ってきちんとしましょうってことですね。

 

そして、おならが臭いほど、腸内に悪玉菌が繁殖していると言われており、おならの臭いがきつい人は、腸内環境が悪いと考えられます。

なので、おならの臭いがきつい人は、ヨーグルトや食物繊維の多い物を食べた方がいいですよ。

ちなみに、お肉を食べるとおならが臭くなると言われているので、お肉を中心に食べている人は注意してくださいね。

 

そして、腸内のガスは、絶対におならとして排出されるわけではありません。

〇腸内のガスのほとんどは口から出る?!

腸内に溜まったガスは、おならによって外に排出されるのですが、すべてのガスがおならとして排出されるわけではありません。

腸内で発生したガスのほとんどは、呼吸と一緒に口から出ると言われており、口から出るガスの方がおならよりも多いのです。

そのため、腸内環境が悪くなり、おならが臭くなると、口臭も酷くなるということです。

だから、口臭が気になるという場合には、腸内環境を考えた食事を心がけることも大切だということなのですね。

 

そして、やはり自分はおならが出る回数が多いと気になる方もいると思いますし、少しでもおならの回数を減らしたいと思っている人もいると思います。

そんな方が気を付けるべきポイントを紹介しておきますね。

○おならの回数を少なくする方法

腸内にガスがたまるのは、食事中に空気を一緒に吸い込むことが主な原因です。

だから、早食いなどで、急いで食事をすればするほど、空気を腸内に吸い込んでしまい、おならの元であるガスが腸内にたまります。

なので、おならの回数を減らすためにも、早食いはやめた方がいいのです。

そして、炭酸飲料を飲むことで腸内にガスがたまりますので、炭酸飲料を控えることでも、おならの回数を減らすことができるのですね。

 

おならを我慢すると悪影響があるので、我慢は禁物ってことですね。

おならは、誰でもする生理現象ですが、やはり周りの人に嫌な思いをさせないためにも、マナーを守ってトイレですることが大切ですよ。

 - 健康, 病気, 雑学