楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

「万病の元」冷えとさようなら~体温を上げるといいことだらけ?!免疫力もアップする!

8301
あなたは自分の平熱を知っていますか?

日本人の平熱は、36.6℃から37.2℃だそうです。

あれ?と疑問に感じた人もいるのではないでしょうか?

37℃以上だと熱がある?と思っていませんか?

 

昔の水銀体温計が37℃を赤い色で表示していたのを覚えている人は、その理由がわかると思います。

昔の水銀体温計により、37℃は熱がある状態だと多くの人が勘違いしているのです。

実際は、人によって平熱が違うので、37℃でも平熱なので健康体の人もいるという事なのですね。

 

8302

平熱の体温によって体の状態が変化するという事を知っていますか?

平熱は高い方が健康にいいんですよ。

では、健康になるために、体温について いろいろな知識を紹介していきます。

 

体温が下がると免疫力が低下する?!

体温が下がったからって困ることがあるのでしょうか?

私たちの体には、免疫力という防衛システムが備わっています。

免疫力とは、私たちの体の中に、細菌やウイルスが外から侵入したときに攻撃し排除しようとする力です。

この免疫力と体温には密接な関係があるのです。

 

体温が1度下がると免疫力は30%低下する」ので、体温が下がると、風邪などのウイルスが侵入したときに、攻撃する力が弱く、発病しやすく、また治りにくくなります。

その他にも低体温には、太りやすい、むくみやすい、しみ・シワができやすいなどの悪影響が多くあるのです。

こんなに悪影響だらけなのに、どうして低体温を自慢する人がいるのでしょうか?

 

現在、36℃以下という「低体温」の人が増えている!

最近の若い人は・・・というと、私がどれだけ年寄りなのかってことになりますが・・・

とても不思議に思っていることがあるので、敢えて使います。

最近の若い人・・・特に若い女性の中には、「私、平熱が低くて・・・37℃超えると本当に辛いのよね」と自慢げに言う低体温の人がいるのです。

これは、華奢、か弱さをアピールしようとしているのか?

でも、実は全く自慢になってないのです。

むしろ、代謝が悪くて脂肪が燃えにくい体質って卑下しているんですよ。

そういう私の低体温の一人です。← 自慢じゃないです。卑下です。体温を上げたいと思っていますよ^^

昔、水銀体温計は35℃から表示されていたため、水銀が上がらず、体温を測ることが出来ないときがありました。たぶん34℃台だからだと思っていました。

そして、今、子どもにも、大人にも低体温の人が増えているのです。

 

低体温の原因は?

低体温は現代病の一つと考えられています。

昔に比べ、物が豊富にあり、食生活、生活環境は豊かになっていますが、反面、ストレスを抱える人が多くなっている、これが低体温の一因といわれています。

運動により筋肉を動かすことで代謝が良くなり、熱を産生しやすくなりますが、現代人は、交通機関の発達による運動不足、外で遊ぶことの減少による筋力不足になっています。

睡眠不足や不規則な生活は、自律神経のバランスを崩し、低体温の原因となります。

 

「負のスパイラル」から抜け出すために

平均体温が約36.5℃の人は、細胞の新陳代謝が活発で、免疫力も高いため、病気にかかりにくいのです。

反対に低体温の人は、細胞の新陳代謝が鈍く、免疫力も低いため、病気にかかりやすく、治りにくく、更に

ガン細胞は、35℃台のときもっとも活発に増殖するので、「負のスパイラル」に陥ってしまうのです。

 

では、「負のスパイラル」から抜け出すためにはどうすればよいのでしょうか?

それは、体温を上げることです。体温をたった一度上げるだけで免疫力は5~6倍も高くなるのです。

風邪をひいたときに発熱しますよね。

これも体温を上げて免疫力を高くしようとする、体の防衛反応なのです。

体温を上げる最も効果的な方法は筋肉を鍛えることです。筋肉を鍛えることで効率よく熱を作り、冷えや低体温を解消することに繋がります。

 

でも、筋肉を鍛えてムキムキになるのはイヤという女性の方もご安心あれ。

日常生活の中で、ちょっとだけ普段の生活を見直すだけで筋肉を鍛えることができます。

私のおすすめは、姿勢を正す。これだけです。

背筋をピンと伸ばして、おへその下に力を入れ、お尻を引き締めるようなイメージで姿勢を正してみましょう。

普段姿勢が悪い私は、これだけで結構しんどいのです。

そして、たったのこれだけで、筋力を鍛えることが出来るのです。筋力をつけると基礎代謝がよくなり、太りにくい体になりますよ。

その他にも、生姜を食事に加える、入浴(湯船につかる)、スクワット、ウォーキングなども体を温める効果があります。

 

8303

体温を上げるとこんな良いことが

体温が上がると血行がよくなります。

血流は栄養素と酸素を運ぶ働きと、老廃物や二酸化炭素を回収する働きがあります。血流がよければ、体内に不要な毒素が貯まらないのです。

また、体温を上昇させるためには、たくさんの消費エネルギーが必要となり、体温が上がると内臓脂肪を燃焼させるため、ダイエットにも役立つわけです。

体温を上げると、こんなに嬉しい効果があるのです。

 

昔から冷えは「万病の元」といわれていました。

昔の人は、体を冷やすことがよくないことだと知っていたのです。

本当に冷えは「万病の元」なのです!!

私たち現代人は、冷えに無頓着なのではないでしょうか?

冷えに関心をもち、体温を上げることの素晴らしさ効果を知って、体温を上げる生活にチャレンジしてみませんか?

そして、低体温から脱却し、健康でキレイな体を手に入れましょう。

 - 健康, 生活