楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

勉強の効率をアップさせる為には時間帯や休憩が大切?!青色ペンで記憶力アップ!頭の良くなる方法を探せ!

勉強
人生は勉強だ!何歳になっても勉強をすることで生活を豊かにできるのではないでしょうか?

だから、折角 勉強するのであれば、身になる勉強をしたほうがいいですし、効率良く勉強をしたいものですよね。

身になる勉強・効率良く勉強するには、どうすればいいのか?

脳を活性化することも大切ですし、どうすれば記憶に残るのかなど、いろいろなことが勉強を身にするためや効率的にするために大切なのです。

では、勉強の効率をアップして、学んだことを身にするための方法を学んじゃいましょう!

 

〇勉強する時間帯で効率アップ!

眠たいから朝は頭が働かないと思う人もいるかもしれませんが、

睡眠によって記憶が整理されて、脳の中がスッキリしている状態なので、記憶力も高くなりますし、多くの情報を処理することができます。

だから 朝に勉強をすることで勉強の効率がアップするのですね。

 

そして 夕食前も脳が活性化して記憶力が高まる時間帯なので勉強の効率がアップします。

さらに 寝る前も勉強の効果を高める時間帯です。

人間は睡眠中に記憶を整理するので、寝る前に勉強したことは記憶に残りやすいと言います。

 

睡眠

〇記憶力が上がる習慣!

運動をすることで、思考系が活性化するので記憶力上がります。

逆立ちをすることで、脳が活性化して記憶力が上がります。

快眠をすることで、記憶が整理され脳がスッキリして記憶力が上がります。

ストレス解消・リラックスすることで、脳が活性化するので記憶力が上がります。

噛むことで脳が活性化するので、記憶力が上がります。ガムなどを噛むといいかもしれませんね。

だから 記憶力を上げたければ、適度な運動をして、少し勉強の合間に逆立ちをし、よく噛んで、ストレス解消、リラックスして快眠することが大切だということですね。

 

チョコレート

〇食材で脳力を上げる!

脳を活性化する脳力を上げることができる食材があります。

青魚、青菜、チョコレート、ナッツや種実類、コーヒー、オリーブオイルなどの食材には、脳を活性化させる成分が含まれていると言われており、脳力を上げることができるということです。

 

〇脳を鍛えて記憶力をアップさせる!

読書

読書をすることで、想像力や集中力がつき、脳を鍛えることができるので記憶力をアップすることができます。

どんな内容でもいいので読書をすることで脳を鍛えることができるのですね。

そして新しいことに挑戦することも脳を鍛えることになります。

新しいことをするには、いろいろなことを考える必要がありますので、脳を使い脳を鍛えることができるので記憶力もアップするのですね。

 

〇頭が鈍る習慣から脱却しろ!

記憶力や脳力をあげることも大切ですが、頭が鈍ることをしないことも大切です。

なので、頭が鈍る習慣を紹介しておきます。

人間だれもが楽をしたがるのですが、楽をすれば頭は鈍ります。

 

例えば、何も考えないでできることばかりしていると考えないので頭は鈍りますし、興味を持たないと考えないので頭は鈍ります。

困難から逃げてばかりでは、頭を使わないので頭が鈍るということですね。

そして 食事も満腹になるまで食べると頭が鈍るので、腹八分目にしておいた方がいいのです。

頭が鈍くならないためにも、日々、多くのことに興味を持ち、困難に立ち向かい考えて行動して、腹八分目ですよ。

勉強をする

〇勉強をする時間は控えめがいいかも?

勉強を長くすれば、勉強の効果があらわれると思っている人も多くいると思いますが、人間の集中力や記憶力には限界があり、長い時間勉強すればいいというものでもないのです。

だから 勉強時間を決めて集中して勉強をすることが大切です。

そして 脳の休憩も大切なんですよ。

記憶は、脳を休憩させることで脳が情報を整理して記憶の定着が起きるということなのです。

 

だから 脳を休ませないと、記憶が定着しないとも言えるのです。

勉強の効果を高めるには、ある程度の休息も大切だということです。

睡眠をすることで脳の記憶が整理されるので、睡眠をすることも勉強の効率を上げるために大切です。

徹夜はもちろんのことですが、睡眠時間を削ってまで勉強すると、勉強の効率を著しく下げるのでよくありませんよ。

ある程度の時間は勉強をする必要はありますが、長い時間勉強をすれば勉強の効果が現れるということでもないのですね。

 

〇勉強するなら明確な目標が必要?!

勉強をするのは何のためですか?

子供なら勉強をしろと親に言われるからと答える子も多いのではないでしょうか?

そんな理由で勉強しても、ほとんど身にならず効率が悪いと言えます。

自分の意志で勉強をしなければ、記憶に定着する可能性が低くなりますし、ダラダラ勉強をしちゃいますよね。

 

だから 勉強をするなら明確な目標や理由を決めた方がいいのです

テストで高得点を取ればご褒美がもらえるから勉強する、この学校に行きたいから勉強をするなど何でもいいので、目標や理由が大切ではないでしょうか?

目標や理由があれば、勉強に集中できますし、本気で勉強をできますよね。

 

青ペン

〇青色のペンで記憶力アップ?!

なんと青色のペンを使うことで、記憶に残りやすいと言われています。

青色は、副交感神経を活発にしてリラックス状態にしてくれるので、記憶力を上げる効果があると言われているんですね。

だから 青色のペンで勉強すると記憶力がアップして勉強の効率もアップするというわけです。

簡単に誰でもできるので、青色ペンで勉強してみてはいかがでしょう。

 

☆脳力を上げて勉強を効率よくするためのまとめ

1.勉強する時間帯を考えて勉強しろ!朝・夕・夜。
2.記憶力が上がる習慣を身につけろ!運動・逆立ち・快眠・リラックス・よく噛め。
3.食材で脳力を上げろ!チョコレート・ナッツ・コーヒーなど。
4.何事にも興味を持て!
5.勉強したら記憶定着のために休憩しろ!
6.勉強する目的や理由を決めろ!
7.青色のペンを使え!

こんな感じで、勉強に取り組めば勉強を効率良くすることができますので、頭が良くなるということですね。

 - 仕事, 生活