楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

器が小さいと思われる行動は?器が小さいと思われたら損ですよ。器を大きくする方法はあるの?!

器の大小
器が小さい人間だって言われたらどう思いますか?ほとんどの人は、気分はよくありませんし、落ち込んでしまうのではないでしょうか?

そして、器が小さい人間だと直接言われることがなくても、思われているかもしれませんよ。

そんなことを気にする私は器が小さいのかもしれませんが、できれば器の小さい人間だと思われたくありません。

 

でも、多くの人は、意識してでも器が小さい人間だとは思われたくありませんよね。

別に器が小さい人間だと思われても気にしないという人は、私が思うに器が大きい人だと思いますので、そのままでいいですね。

別に器が小さくても大きくても問題なければいいのですが、器が小さい人間だと思われると損をする可能性があるのですよ。

損するかも?

○器が小さい人だと思われると損?!

器が小さい人だと思われたら、損もする可能性があるのです。

例えば、部下がいるとした場合、器が小さい人にチャンスを与えようと思いますか?

器が小さい人だと思われるだけでチャンスが少なくなる可能性があるのですよ。

 

そして、器が小さい人だと思われると好かれませんし、嫌われる可能性もあります。

嫌われると、得をすることはありませんし、損をしてしまいますよね。

だから、器が小さい人だと思われると損をするのではないでしょうか?

器が小さい

なので、器が小さい人だと思われない方がいいのです。

だから、器が小さい人だと思われないためにも器が小さいと思われる人の特徴を知ってみてはいかがでしょう。

☆器が小さい人の特徴っていうか行動?!

器が小さい人だと思われないためにも、器の小さい人の特徴を知ることが大切です。

考え方は人によって違うのでズレはありますが、一般的に器が小さいと思われる方の特徴を紹介していきます。

1. お金に細かい(ケチ)。

お金に細かくてケチだと思われると器が小さいと思われるのですよ。

ケチは損をする!?賢い人はケチではなく節約家・倹約家なのだ!!ケチと判断されれば不快な人と思われるよ!

 

2. 悪口を言う(陰口)。

誰もが陰で悪口を言うことがあると思いますが、陰で悪口を言っている人をどう思いますか?
悪口を言う人は、器が小さい嫌な人だと思いませんか?陰で悪口を言っていると器が小さい人だと思われるのですね。

 

3. 何度も自慢話をする。

自慢話を言っている人は楽しいですが、何度も自慢話を聞かされる方は楽しくありません。
そして、昔の自慢話を何度もする人は、自信の無い器の小さい人だと思われますよ。

 

4. 言い訳ばかりで間違えを認めない。

ミスしたのに言い訳して間違いを認めない人をどう思いますか?
言い訳ばかりで間違いを認めない人は、器の小さい人だと思いますよね。

 

5. 人の意見を聞かない。

人の意見を聞けないという人は、余裕の無い人だと思いませんか?
だから、人の意見を聞かない人は、器の小さい人だと思われるのです。

 

6. すぐに怒る。

ちょっとしたことですぐに怒る人も余裕が無い人だと思いますよね。
だから、すぐに怒る人は、器が小さい人だと思われます。

 

7. 自分のために小さな嘘をつく。

自分のために小さな嘘をつく人は、器が小さい人だと思いますよね。
しかし、嘘も方便という言葉もあるように、他人のために必要な嘘をつくことが大切な場合もあります。

嘘つきは泥棒の始まり?!嘘も方便?!正直者は馬鹿をみる!?嘘はついた方がいいときもある?!

他にも、人の幸せを喜べない人、強い人に弱く弱い人に強い人、店員に偉そうな態度をとる人、学歴自慢をする人、人のせいにする人など、いろいろと器が小さい人には特徴があるようです。

だから、器が小さい人だと思われないためには、器が小さいと思われる行動に気を付ければいいのです。

器が小さい人

 

しかし、器の小さい人だと思われないように努力するのは、器が小さいような感じがしますが、器の大きさは自分ではなく他人が決めることなので、損をしないために他人に器が小さい人だと思われないことが大切だと思いますよ。

そして、器が小さい人だと思われると損をするといいましたが、器が大きいと思われたら良いことがあるかもしれませんよ。

○器が大きくなれば良いことがあるかも?!

器が大きいと思われると人に好かれますので、仲間が増えて人間関係が円滑になります。

人間関係が円滑になると人間関係が円満になり、人生が良い方向に向かうのです。

器が大きく人に好かれると、仕事場では、上司や部下に信頼され仕事も上手くいきますし、私生活も充実しますよね。

 

人間は一人で生きているわけではなく、多くの人と助け合って生きているのですよ。

だから、器が大きくなれば、多くの人の助けにより人生が楽しくなるのですよ。

なので、器が小さいと大きいでは、大きな違いがあるのですね。

器が大きい

では、器が大きい人になるためにできることを始めてみませんか?

〇器を大きくする方法はあるのか?

意識して器を大きくすることができるのかと思うかもしれませんが、人は意識することで変わることができますので、意識を変えることで器を大きくすることはできると思います。

では、器を大きくする方法を紹介してみますね。

1. 人の振り見て我が振り直せ!

自分のことしか見えていないから、器が小さい人になってしまっているのかもしれませんよ。
人の行動を見て、良いところを学び、悪いところを改めれば、器が大きくなりますよ。

 

2. 自信を持てる得意分野を作る!

自信が無いから器が小さい行動をとってしまうのではないでしょうか?
だから、自信が持てる得意分野を作ることで、器が大きい人になれるのです。

 

3. 分け隔てなく丁寧な対応!

器の小さい人は、自分が強い立場の場合に横柄な態度をとります。
だから、誰にでも分け隔てなく丁寧な対応を心がけることで、器の大きい人だと思われるようになるのですね。

 

4. 良いところをみつけ褒めることを意識!

人の良いところに気づいて褒めることができる人は、器が大きい人だと思いませんか?
悪いところを探すのではなく、良いところを探して褒めることで器が大きい人になれるのでは?

 

5. 焦りは禁物?!落ち着いて行動!

焦ると失敗をしますし、すぐに焦る人は器が小さい人だと思われますよ。
何事も一度冷静になってから落ち着けて行動することを意識するだけで器が大きい人になれるのではないでしょうか?

 

6. プラス思考

人によって物事のとらえ方が違いますが、プラス思考にすることで嫌な気持ちにもなりませんし、人に対して優しくできます。
そして、プラス思考であれば、余裕もできて器の大きな人になれるのですね。

このように器を大きくする方法はいろいろありますのでお試しあれ!

器が大きい人

器が小さい人の特徴を知って気を付けて、そして、器を大きくする努力をすることで、器の大きい人間になることができるのではないでしょうか?

人生を豊かにするためにも、器を大きくしてみてはいかがでしょう。

 - 思考, 生活