楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

利き手じゃない方の手である逆利き手を使うと意外な効果を得ることができる?!逆利き手を使ってみませんか?!

利き手・逆利き手何かをするときに、メインで使う手のことを利き手といいますが、あなたは右利きですか?それとも左利きですか?

多くの人の利き手は、右利きだと思いますが、左利きの人もいますよね。

利き手の割合ですが、右利きが全体の90%程度で、左利きが全体の10%程度といわれています。

だから、10人に1人程度が左利きだということになります。

さらに、全体の1%程度ですが、両利きの人も存在するようです。

 

でも、左利きの割合が10%もいるの?って、思われる方もいると思いますが、元々は、左利きだったのに小さい頃に、左利きは不便だからといって、利き手を矯正されている人もいるようです。

だから、実際に左利きの人と遭遇する確率は、10%以下になると思われます。

左利きは不便だから直すべきなのか?!左利きを無理に矯正すると悪影響がでるかも?左利きの意外な事実!

 

そんな感じで人には利き手が存在しますが、利き手じゃない方の手である逆利き手を意識して使うことがありますか?

多くの人は、意識しないで利き手を使うと思いますが、利き手じゃない方の手である逆利き手を意識して使うことで、いろいろなメリットを得ることができることを知っていますか?

 

☆利き手じゃない方の手である逆利き手を使うメリット

逆利き手を使うと、いろいろな良い効果があるのです。

では、逆利き手を使うことのメリットについて紹介しますね。

利き手

〇逆利き手を使うと脳の活性化になり頭が良くなる?!

利き手は、いつも使い慣れている手なので、意識しなくても自由自在に動かすことができますよね。

しかし、逆利き手を使う場合は、意識して使う必要があるので、脳の酸素消費量が増えて前頭葉も刺激されるので脳をいつも以上に使う必要があるのです。

だからいつも以上に脳が活性化するのですね。

 

そして、右手を使う場合は左脳を使い、左手を使う場合は、右脳を使うという感じで、使っている方の手の逆の脳を使うことになります。

だから利き手と逆利き手の双方をバランスよく使うことで、右脳・左脳ともに活性化して記憶力や集中力がアップするのです。

いつも利き手ばかりを使っている人は、意識して逆利き手を使うことで脳をバランスがよく使うことになるので、記憶力や集中力がアップしちゃうということなのですね。

 

さらに、逆利き手を使うとこで、右脳と左脳をつなぐ脳梁という部分も発達するといわれており、右脳と左脳の連携が良くなるので、情報処理能力がアップするのです。

だから、いつもはあまり使わない逆利き手を使うことで、脳が活性化して頭が良くなるということなのです。

利き手

〇逆利き手を使うとダイエット効果があるかも?!

逆利き手で食事をすれば、食べにくいので食事のスピードが遅くなり少量でも満腹になるので、食事の量が減ってダイエットの効果があるのです。

しかし、逆利き手で食事するときには、スプーンやホークで食事をすれば、あまり利き手と変わらないので、箸で食事をしなければダメですよ。

さらに、逆利き手を使い続けて器用になれば、逆利き手でも普通に食事をすることができるようになるので、ダイエット効果は期待できなくなるかもしれません。

 

〇逆利き手を使うことでメンタルにも良い効果がある!?

なんと逆利き手を意識して使うことで、怒りなどの感情をコントロールする能力がアップするというデータもあるようです。

逆利き手を使うことで、中枢神経を刺激して、自律神経のバランスがとれるので、自制心が鍛えられるようです。

感情のコントロールが苦手な人は、逆利き手で自制心を鍛えちゃいましょう。

 

〇逆利き手を使うといろいろなことで便利になるかも?!

利き手は先天的なものなので、利き手そのものを変えることは不可能ですが、逆利き手を使うことで逆利き手も器用になって、いろいろな作業をするときに便利になります。

何事も片手でするよりも、両手の方が便利ですし、利き手じゃない方の手の方が便利だけど、逆利き手は不器用だからと思うこともありますよね。

そんなときに逆利き手が器用であれば便利ですよ。

さらに利き手を怪我などしたときには、逆利き手を使えるようにしておけば、生活が不便にならなくてすみますよね。

逆利き手を普段から使って、器用にしておけば、いざというときに便利なのです。

 

いろいろと逆利き手を使うと良いことがあるのですね。

逆利き手

では、逆利き手を意識して使っちゃいますか?!

〇ちょっとしたことから始めちゃう?!逆利き手にチャレンジ!

利き手じゃ無い方の手である逆利き手を使うことは、意外と簡単ではありません。

慣れないときは、逆利き手を使うことは、辛いと思うことがも多くあります。

だから、無理に逆利き手を使おうとすれば、すぐに挫折してしまうことになるかもしれません。

 

良い効果を得たいからと思って、無理に逆利き手を使って、すぐに挫折してしまったら、効果を得ることができないので、ちょっとしたことから無理なく始めちゃいましょう。

例えば、食事をするときにスプーンを逆利き手で使うだけでも効果があるようです。

そして、箸を使ってみたり、鉛筆を使ってみたりと、少しずつ逆利き手で出来ることを増やしていけばいいのですね。

利き手

そして、逆利き手を使うことで起こるデメリットもあるので知っておきましょう。

〇逆利き手を使うことで起こる問題?!

やっぱり利き手じゃ無い逆利き手を使うと、不便ですし、イライラすることもあります。

だから、逆利き手を使うとメンタルを鍛えることもできますが、イライラによってストレスを抱え込んでしまうこともあるかもしれません。

さらに無理に逆利き手を使うと、失敗や怪我などの原因にもなることもあります。

だから無理に逆利き手を使うのではなく、少しずつ無理なく逆利き手を使うことが大切ですね。

 

逆利き手には、少しの問題点と多くのメリットがあるのです。

だから、誰でも簡単に始めることができるので、逆利き手を使ってみてはいかがでしょう。

 - 意外, 生活, 雑学