楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

疲れをとる方法を知ると毎日が楽しくなるかも?!疲れがたまっていると思う人はお試しあれ!


多くの人が疲れを感じることがあると思いますが、疲れているとやる気がでないので、楽しく過ごすことができませんから嫌ですよね。

そして、疲れていると、いろいろなことで問題が発生する可能性が高くなるのです。

例えば、疲れていると仕事中にミスを繰り返したりして、会社での評価が下がり、出世できなくなる可能性が高くなり給料が上がらず・・・。

また、最悪、会社を解雇されてしまうこともあるかもしれません。

 

さらに、疲れているときの判断ミスなどによって、事故を起こし最悪の事態に陥る可能性すらありますよね。

このように、たかが疲れと思っている人もいるかもしれませんが、疲れによって多くの問題が発生する可能性が高くなるのですよ。

だから、人生を楽しむためや豊かにするためにも、疲れのことを知り、疲れをとる方法を知ることが大切なのではないでしょうか?

○疲れを感じるのはなぜ?

疲れを感じるのは、心身の防衛反応ともいえ、疲れを感じるということは、心身共に休息が必要だということでもあります。

だから、疲れを感じるときには、休息をとる必要があるのですね。

しかし、疲れといっても、肉体的な疲れと精神的な疲れがありますし、重労働で筋肉が疲れている場合もあれば、デスクワークで肉体が凝り固まって疲れている場合もありますので、休息の取り方にも違いがあるのです。

だから、疲れを取るといっても、疲れ方によって疲れの取り方を考えることも大切なのですね。

では、疲れを取る方法を紹介していきますね。

☆疲れをとる方法

疲れをとる方法はいろいろありますので、自分の状況にあった疲れの取り方で疲れをとっちゃいましょう。

○睡眠は疲れをとるために大切ですよ。

だれもが知っていると思いますが、良質な睡眠は、疲れをとるためにとても重要であり、心身ともに睡眠によって疲れをとることができます。

だから、疲れをとる最大の方法は、良質な睡眠なのですね。

でも、疲れていても寝つけないということもあると思いますが、眠れないと疲れがとれない、だけど寝ようとすればするほど眠れないということがあるので、そんな方は、疲れをとるためにも眠れないときの対処法をお試しあれ!

早く寝たい!でも眠ろうとすればするほど眠れない?!そんな眠れないときの対処法をお試しあれ!

 

○疲労回復効果のある食べ物達を知っとく?

人間生きるためには、食べて栄養を補給する必要がありますが、食事は疲労回復のための大切なエネルギーなのです。

だから、食事によって疲労回復をすることができるということなのですが、食事は腹を満たせればいいというものではなく、基本的には適切な栄養バランスが大切で、栄養バランスが悪い食事を続けると逆に疲労がたまりやすい体質になってしまう可能性もあるのです。

では、疲労回復効果のある食材を栄養素別に紹介します。

・タンパク質

タンパク質は、身体の様々な場所を構成するために必要な栄養素ですし、疲労した細胞を修復するためにも必要不可欠な栄養素なのです。
だから、疲労回復したい方は、タンパク質を摂取することが大切なのですね。
タンパク質が多く含まれている食材は、肉類、魚類、大豆、卵、卵、乳製品などがあります。

・ビタミンB1

ビタミンB1は、疲労回復ビタミンと呼ばれることもあるほど、疲れたときに最適な栄養素なのです。
ビタミンB1が多く含まれている食材は、豚肉、鶏肉、卵、大豆、乳製品、魚類、キノコ類などがあります。

・クエン酸

クエン酸は、肉体疲労、精神疲労の双方に効果があると期待される栄養素なのです。
クエン酸が多く含まれている食材は、柑橘類、パイナップル、キウイ、トマト、梅干しなどがあります。

・パントテン酸

パントテン酸は、ストレスへの抵抗を強めてくれ、免疫力を向上させて疲れにくい身体をつくるために役立つ栄養素です。
パントテン酸が多く含まれている食材は、納豆、鶏・豚・牛のレバー、ハチミツ、卵黄、たらこなどがあります。

・マグネシウム

マグネシウムは、精神的な疲労を回復できると期待されている栄養素なのです。
マグネシウムが多く含まれている食材は、海藻、ゴマ、ナッツ類、ホウレンソウ、牡蠣などがあります。

・硫化アリル

硫化アリルは、血液サラサラ効果やコレステロールを下げる働きがあるなど健康効果も期待できるのですが、精神的な疲労回復にも期待されている栄養素なのです。
硫化アリルが多く含まれている食材は、たまねぎ・長ねぎ・ニラなどがあります。

・ブドウ糖

ブドウ糖は、脳疲労の回復を期待できる栄養素なのです。
ブドウ糖が多く含まれている食材は、白米、パン、麺類、チョコレートなどがあります。

しかし、食べ過ぎは逆効果になりますので、注意が必要ですよ。

疲労回復効果のある食材をバランス良く食べることが、疲労回復には大切なのですね。

 

○疲れをとるためには適度な運動が大切。

パソコンなどを使ってデスクワークをしている人も疲れますよね。

身体は、逆に動かなくても疲れるのです。

だから、適度な運動をすることで疲れをとることができますし、適度に運動した方が疲労の回復力も高くなるのです。

運動といっても、散歩やラジオ体操、ストレッチなどの軽い運動でいいのですよ。

過度な運動は、逆に疲れてしまいますので、疲れをとるためには気持ちよく体を動かす程度にしましょう。

 

○リラックスすると疲れが取れちゃう?!

風呂やストレッチ、アロマテラピー、音楽鑑賞などで心身共にリラックスすると疲れがとれたと感じると思いますが、実際に疲れがとれるのです。

リラックスすると、心も体も休まるのですね。

疲労回復のために、意識してリラックスしてみてはいかがでしょう?

 

そして、疲れを取るためにしていることが逆効果になっている可能性があることをご存知でしょうか?

○疲れを取る方法を間違っていませんか?

疲れが取れると思ってしていることが、間違っている場合もあるのです。

間違った方法を知る意味なんて無いと思うかもしれませんが、疲れを取る方法を間違うと、逆に疲れがたまってしまう可能性もありまので、間違った方法を知ることも大切なのではないでしょうか?

では、間違った疲れを取る方法も知っておきましょう。

・ダラダラと寝て過ごすと疲れが取れる?

ダラダラと休日を寝て過ごすと疲れが取れると思っている方もいるかもしれませんが、ある程度の軽い運動をした方が、疲れが取れる場合もあるのですよ。

ダラダラと休日を寝ながら過ごすと、体がもっとだるくなったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか?

何もせずに一日中ダラダラと寝て過ごすと血行が悪くなり疲れがとれず、むしろ疲れが増してしまうのです。

運動をして肉体的に疲れている場合は、寝て過ごして体を休めることも大切ですが、体が凝り固まっている場合や精神的に疲れている場合は、ダラダラと過ごすよりも軽い運動をした方がスッキリして疲れが取れるということなのですね。

 

運動が苦手だからと思う方もいるかもしれませんが、運動といっても散歩でも軽い運動になりますので安心してください。

しかし、運動でも激しい運動をすれば、運動後にスッキリすることもありますが、激しい運動をすれば肉体的に疲れるので逆効果になる場合もあるので注意してくださいね。

 

・たくさん食べると疲れが取れる?

疲れた体を回復するために栄養補給は大切なので食べることは必要なのですが、食事は身体のエネルギーを大量に消費しますので、食べ過ぎると消化するために胃腸が働き過ぎるので逆に疲れてしまう場合もあるのです。

そして、疲れると甘いものを食べたくなる方もいると思いますが、甘いものを過剰に食べると血糖値の急激な変化により疲労感を招くことになります。

 

・風呂で長時間ゆっくりすると疲れが取れる?

お風呂には、リラックス効果があり、疲れをとることができるのですが、長い時間お風呂に入っていると体力を消耗してしまうので、逆に疲れてしまう場合もあるのです。

だから、疲れているときには、あまに長風呂はおすすめできないのですね。

 

・お酒を飲むとストレス解消になって疲れが取れる?

適量のお酒であれば、気分が良くなり疲れがとれる可能性もあるのですが、お酒を飲み過ぎると、疲労回復機能を持つ肝臓の働きが悪くなり、疲労がたまる原因になってしまうのですよ。

 

そして、なんだか急に疲れがとれないと感じる方は、病気が潜んでいるかもしれませんよ。

○その疲れ、もしかして病気が隠れているかも?!

病気によって疲れを感じやすくなる場合があるのです。

特に腎臓や肝臓の病気によって、いつも疲れを感じてしまうことやすぐに疲れてしまう、疲れがとれないということがあるのです。

だから、きちんと休息しても、いつも疲れやだるさを感じる場合は、もしかしたら病気が原因の場合がありますので、早めに健康診断を受けた方がいいと思います。

 

また、人は疲れすぎると死んでしまうことがあるのです。

過労死という言葉を聞いたことがあると思いますが、過労死は過労により疲れすぎて死んでしまうということなのです。

疲れたまま放っておいて頑張り続けると、死んでしまう可能性もあるのですよ。

だから、たかが疲れだと思わないで、疲れたと感じているときには、休息や疲れをとる方法で疲れをとりましょう。

 - 健康, 生活