楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

身長を伸ばす方法はある?!背が低いと悩んでいる人は背を伸ばす方法を試してみてはいかが?!

身長
背が低いと悩んでいる人は多くいると思いますが、特に思春期になると身長が低いのがとても気になるものです。

身長を伸ばす方法があるの?と思ってこのサイトにたどり着いた人も多くいると思いますが、始めに言っておきますが身長を伸ばす方法はあります。

 

身長が高いからといって人生が劇的に変わるわけではないから、別にたいしたことではないと思う人もいるかもしれませんが、身長が低い人は、周りの人が思っている以上に本人は悩んでいるのです。

実際に私も身長が低くて、思春期にはとても悩んでいました。そのときに身長を伸ばす方法を知っていれば、試していたと思います。

そんな思いを少しでも解消するために、身長を伸ばす方法を試していてはいかがでしょう。

 

いくら身長を伸ばす方法があるといっても、年齢によって身長を伸ばせる可能性が変わってきます。

ある程度の年齢に達すれば、身長を伸ばすことは難しいということですね。

まずは、何歳まで身長が伸びるのかを知っているでしょうか?

〇何歳まで身長は伸びる?!

骨の両端にある骨端線という軟骨の部分が膨張することによって身長が伸びます。

しかし、いつまでも軟骨の部分が膨張して身長が伸びるということはありません。

 

一般的には、男性の場合は16歳前後で、女性の場合は15歳前後で軟骨の部分が骨化して身長が伸びなくなるのです。

ただし、骨端線という軟骨の部分が骨化するのには、個人差があり20歳になっても身長が伸びる人もいます。

しかし、どんなに個人差があるといっても、人間の構造上、基本、20歳前後までしか身長が伸びないということです。

 

だから、軟骨の部分が骨化するまでが、身長を伸ばせるタイムリミットなのです。

あなたは何歳ですか?20歳以上であれば身長を伸ばせるタイムリミットを超えている可能性がありますので難しいと思いますが、20歳以下であれば、まだ身長を伸ばせる可能性があるということです。

20歳以下で身長が低いと悩んでいる方は、早速、身長を伸ばす方法を試してみましょう。

 

身長が低い原因

ちょっとまって!!身長を伸ばす方法をしることも大切ですが、まずは身長が低い原因を知ることも大切ですよ。

〇身長が低い(低身長)原因は?

なんと身長が低い原因によっては、治療によって身長を伸ばすことができるのです。

遺伝などの場合は、治療という方法はありませんが、成長ホルモンや甲状腺ホルモンの異常や栄養障害、心理障害などの場合は、治療によって身長を伸ばすことが可能なのです。

もし、子供があまりにも周りより背が低いと感じる場合は、病院を受診することをおすすめします。

 

身長が低い原因によっては治療によって身長を伸ばすことができますが、多くの場合は遺伝的なことや食生活、環境などが原因なので、治療によって身長を伸ばすことはできません。

そんな方は、自分で身長を伸ばすためにできることをして身長を伸ばしちゃいましょう。

 

☆身長を伸ばすための方法

身長を伸ばすためには、運動・睡眠・食事がとても重要になってきます。

基本、どれも成長ホルモンという身長を伸ばすために大切なホルモンと関わりがあり、運動・睡眠・食事によって、成長ホルモンの分泌を促して、身長を伸ばすことができるのです。

では、身長を伸ばすための方法を紹介していきます。

 

・身長を伸ばすために必要な運動

身長を伸ばすためには、適度の運動が必要になります。

運動をすることで成長ホルモンの分泌を促すこうかがありますし、運動をして骨に刺激を与えることで骨の成長を促すことができるのです。

だから身長を伸ばすためには、運動が大切だということになります。

そして、特に身長を伸ばすために有効だといわれているのが、骨を縦方向に刺激する運動です。

 

だからジャンプするような運動が身長を伸ばすために有効なのです。

そして、適度に運動をするとお腹も空きますし、熟睡することもできますので、成長に大切な他の要素のためにもなります。

しかし、過度な運動は体への負担になり、逆効果になる場合もありますので、適度な運動ですよ。

運動

 

・身長を伸ばすために大切な睡眠

身長が伸びるのは睡眠中です。寝る子は育つといわれますが、本当に寝ている間に育っているのですね。

そして睡眠中に多くの成長ホルモンが分泌されるので、睡眠は身長を伸ばすためにとても大切なのです。

しかし、ただ睡眠をとればいいというわけではなく、質の良い睡眠をとることで成長ホルモンの分泌量が増えるので、質の良い睡眠が身長を伸ばすために重要なのですね。

 

さらに成長ホルモンがもっとも多く分泌される時間帯が存在しているといわれており、午後10時から午前2時だといわれています。

だから、身長を伸ばしたければ、午後10時には寝た方がいいということですね。

睡眠

 

・食事は身長を伸ばすために重要

人間が健康で生きていくためには食事はとても重要ですが、身長を伸ばすためにも食事は重要です。

食事によって成長ホルモンの分泌を促すことができるのです。

タンパク質・カルシウム・ビタミン・亜鉛・マグネシウムなど、いろいろな栄養素が身長を伸ばすために大切なのです。

 

これらの栄養素を食事からきちんと摂ることで身長を伸ばすことができるということです。

どの栄養素も身長を伸ばすために必要なので、いろいろ考えるよりバランスのとれた食事が大切だということですね。

好き嫌いをせずに、いろいろな物を食べることが身長を伸ばすためには大切ですよ。

バランスのとれた食事

 

身長を伸ばすために大切なことを紹介しましたが、身長を伸ばす障害である天敵も紹介しておきます。

〇ストレスは身長を伸ばすための天敵?!

ストレスは体に悪いということは知っていると思いますが、身長を伸ばす障害にもなるのです。

成長期に過度なストレスを感じると、成長ホルモンの分泌が低下して、身長が伸びなくなる可能性があります。

 

さらに過度なストレスは食欲不振や睡眠障害などの引き起こし、身長を伸ばすために大切な要素に悪影響を及ぼします。

だから、ストレスは身長を伸ばすための天敵ともいえるのです。

ストレス

 

そして、誰でも高身長になれるということではないことも理解しておきましょう。

〇予想身長を知っておくことも大切かも?!

努力次第ではある程度は身長を伸ばすことはできますが、身長は遺伝によってもある程度は決まっているのです。

だから両親の背が低いと、子供も背が低くなる傾向が高いのですね。

しかし隔世遺伝もありますし、もしかしたら両親が遺伝による適正な身長に達していない場合もあります。

 

・予想身長の計算方法

男性の身長=(父の身長+母の身長+13)÷2+2
女性の身長=(父の身長+母の身長-13)÷2+2
となります。

例えば、父が170cmで母が155cmの場合は、男性の場合は171cm、女性の場合は158cmとなります。

遺伝や統計を元にした計算なので参考程度ですよ。

 

遺伝以外にも環境などによっても身長の伸びは大きく影響を受けますので、努力次第では身長をもっと伸ばすことができることも理解しておきましょう。

予想身長のことは参考程度に頭の隅に置いといてください。

身長が低いと悩んでいる方は、身長を伸ばす方法をお試しあれ!!

 - , 生活