楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

交通事故で最悪の事態に陥らない為に知っておこう!!車の安全機能!

2501交通事故にあったときや危険な時あなたを助けてくれる車の機能を知っていますか?

最近の車には、私たちの身を守るために いろいろな機能がついています。

そんな車の安全機能について 調べてみたいとおもいます。

 

まずは、車に乗った事のある人 誰もが知っているはずのシートベルトについて説明していきたいと思います。

シートベルトは、車に乗っている人が、前にぶつかったり、席の外に飛び出して負傷することがないようにする安全装置です。

車を運転している時、衝突を回避しようとして急ブレーキや急ハンドルをした時や何かに衝突をした時、体には大きな慣性力がかかります。

車に乗っている時に 急ブレーキをすると、車は止まるが体が車の進行方向にいってしまいますよね。それが慣性力です。

その慣性力よって、人がフロントガラスにぶつかったりしないようシートベルトが必要なわけです。

 

シートベルトをしていないと本当に危険なんです!

シートベルトをしてなければ、事故の衝撃により、すさまじい力で前席やフロンドガラス、天井、ドア等にたたきつけられることになります。

さらに 衝突の勢いが激しい場合は、車外に放り出される可能性もあり、車外に放り出されると、堅いアスファルトに体をぶつけたり、後続車両にひかれることで、最悪の場合は命を落としてしまう事もあるんですよ。

 

そして 後席の人がシートベルトを着用していなくて前方に投げ出されると、前席の人にぶつかったりして、両方とも大けがをする可能性もありますし、命を落とす可能性もあるんです。

だから シートベルトを全席の人が着用した方がいいという事なんです。

シートベルト非着用者の事故による致死率は、シートベルト着用者の0.15%に対して14倍の2.06%もあるようです。

たかが シートベルトだと思っている方もいるかもしれませんが、シートベルトで助かる命があるんですよ。

後悔先に立たずです。後悔しない為にもシートベルトを着用しましょう。

 

また、多くのシートベルトは、一定の力以上の勢いで引っ張るとベルトが出ないような仕組みになっています。

さらに 事故の発生を感知して火薬などにより瞬時にベルトを引き上げ、体を固定するプリテンショナー機能が付いているシートベルトも存在する。

 

シートベルトの必要性や機能について説明しましたが、次はでシートベルトの補助機能のエアバッグについて説明していこと思う。

エアバッグとは、膨らんだ袋体を用いて衝撃を吸収し、衝撃を緩和する安全装置です。

エアバッグは、あくまでシートベルトをしている前提で設置されているため、シートベルトをしていないとエアバッグの効果を発揮できない。

さらに シートベルトをしてなければ、体を守る為のエアバッグが凶器となり、エアバッグが膨らむ衝撃により怪我や死亡事故を起こす危険性もあるんです。

 

だから 車に乗る時は、必ずシートベルトしましょう。

エアバッグは、前席の運転席や助手席、後席だけではなく、側面からの衝撃に対応するサイドエアバッグやカーテンエアバッグ、膝にかかる衝撃を軽減するニーエアバッグなど様々な場所にエアバッグがついています。

 

車の安全機能をとして、ブレーキの機能についても説明しておきます。

アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)は知っていますか?

アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)とは、車輪ロックによる滑走発生を減らす装置です。

車輪をロックするような急ブレーキをかけるより、ポンピングブレーキをした方が、制動距離が縮まると自動車学校で習ったと思いますが、急ブレーキをかけるような時に落ち着いて そんな事(ポンピングブレーキ)をするのは、難しいですよね。

そんな時の為に、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)があるんですね。

さらに アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)では、ブレーキを踏み込んでも完全にタイヤが固定されないため、ハンドル操作をある程度行うことができます。

タイヤが完全に固定されるとハンドル操作ができなくなり、事故率がアップしますが、アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)によって完全にタイヤが固定されないため、ハンドル操作をある程度行うことができるので、事故率軽減が期待されるんですね。

 

ほかのブレーキ機能として最近、出始めたのが衝突被害軽減ブレーキです。

この機能は、カメラやレーダーなどを使用して、障害物を感知し自動でブレーキをするシステムです。

これにより、車が勝手に止まってくれますので、衝突事故が起こらなかったり、衝突のショックを軽減してくれます。

 

私が今回、説明した機能は、あくまで一部であり、他にも さまざまな安全機能がついている車もあります。

車に安全機能があるからといって、安心せず安全運転を心がけていきましょう。

みなさんも車を買われる際は、自分の車にどんな安全機能があるか知っておくとより良い買い物ができるでしょう。

車に乗るなら まずは、シートベルト!!ですよ。

 - 生活