楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

不動産投資のすすめ!老後のために不動産投資はオススメ?!不動産投資のメリット・デメリット

不動産投資
誰もが働かないで、収入を得たいと思ったことがあるのではないでしょうか?

なんと働かないで収入を得る方法はあるのです。

そんな収入のことを不労所得といい、その不労所得の代表格が不動産投資なのです。

 

若いうちは、不労所得なんて考えては、ダメだという意見もあると思います。

しかし、働けなくなる老後のためにも、不動産投資を考えてみることは大切ではないでしょうか?

老後の年金で、本当に豊かな生活をすることができると思いますか?

年金の受給年齢は上がる可能性もありますし、受給額は減る傾向にあるのですよ。

そんな老後の不安を少しでも解消するために、不動産投資を学んでみてはいかがでしょう。

不動産

〇不動産投資とは?

不動産投資とは、不動産=家やアパート、マンションなどを保有して、賃貸し家賃という収入を得る方法と、不動産を買って、高くなったときに売るという方法がある資産を運用する投資のことです。

だから、不動産投資をするためには、家やアパート、マンションなどを保有する必要があるので、基本、大金が必要になります。

不動産投資は、安定的な家賃収入を目指す方が多く、老後のために蓄えている預貯金などを利用して不動産投資をする方が多いのですね。

不動産投資メリット

では、不動産投資のメリットを紹介します。

〇不動産投資のメリット

不動産投資の最大のメリットは、家賃収入という毎月安定した不労所得を得ることができるという所になります。不動産を貸すことで、毎月決まった金額の収入を得ることができるのですね。

そして、不動産投資は、生命保険などの代わりにもなるのです。

不動産を購入するときに借入した場合、保険に加入することで、もし不動産の所有者が不慮の事故や病気で亡くなった場合、保険によって不動産購入時の借入金を支払うことになるので、生命保険の代わりになるのですね。

 

さらに、不動産であれば相続や贈与税の対策にもなります。

不動産に対しては、時価の約3割程度で評価されることになるので、相続税や贈与税が少なくてすむということになるのですね。

他にも不動産投資は、節税対策になる場合や物価上昇によるインフレの対策にもなります。

そして、インフレによって、不動産の価値が上がって不動産を売って稼ぐことも、不動産投資をしていれば可能なのです。

不動産投資のデメリット

しかし、不動産投資はメリットばかりではありません。不動産投資にはデメリットもあるのです。

では、不動産投資のデメリットも紹介しておきます。

×不動産投資のデメリット

不動産投資のデメリットは、リスクがあるということです。

例えば、貸している部屋が空けば、家賃は入りませんし、すぐに次の入居者が見つかるという保証もありませんので、収入が減る可能性があるのです。

そして、不動産購入時に借入をした場合には、金利上昇に伴う返済額の増加というリスクもあります。

 

さらに、災害などによるリスクや不動産の老朽化による修繕費などのリスクもあるのです。

また、他の投資と比べると、不動産投資の場合は、不動産を売って現金にすることが簡単ではないという所も不動産投資のデメリットといえます。

不動産投資が儲からないから辞めようとしても簡単に辞めることができないということですね。

だから、安易な予測で不動産投資をすれば、そのリスクによって失敗する可能性があるということなのですね。

 

〇不動産投資は永遠の不労所得では無い!

不動産投資は、永遠に不労所得を与えてくれるものではありません。

不動産は、古くなれば、解体して建て替える必要もありますし、修繕、補修が必要になりますので、時間がたてばたつほど多くの費用がかかります。

そして、建物が古くなれば、入居希望者が減るので家賃を下げる必要もありますので、家賃収入が減る可能性も高いですし、部屋が空くリスクも高くなります。

だから、古くなってからの費用なども考えて不動産投資をしないと、数十年後に大変なことになるかもしれませんよ。

 

不動産投資は、稼げる可能性もありますが、リスクがあり損をする可能性もありますので、メリットばかりに気を取られ、デメリットを見逃していると失敗してしまいますよ。

不動産投資は、永遠の不労所得ではありません。

老後のために不動産投資を始めて、老後になってから修繕費用や空室リスクで苦しまないためにも、何十年後のことを考えた計画が大切なのですね。

不動産投資

〇こんな方は不動産投資をしてみてはいかが?!

既に余分な土地を持っている方やすぐに使う必要のない余裕な預貯金が数千万円ある方は、不動産投資を考えてみるのもいいと思います。

そして、不動産投資を本気で勉強できる方も不動産投資をしてみてもいいと思います。

しかし、安易な気持ちで、簡単に借金して不動産投資で、不労所得で儲けようと思う方は、不動産投資をしない方がいいと思いますよ。

 

だから、簡単に不動産投資はしない方がいいですし、できないということですが、少額資金で簡単に不動産投資を始めることもできるのです。

〇投資信託で不動産投資ができる?!

投資信託という仕組みを利用して、不動産投資をすることができるのです。

→ 投資を始めてみようかな?そんな方は投資のプロが運用してくれる投資信託がいいかも?!

投資信託は、投資のプロが運用してくれるという仕組みですが、その中には、REIT(リート)という不動産投資の投資信託があるのです。

そのREIT(リート)に投資すれば、不動産投資ができるということですね。

そして、投資信託の場合は、数千円からでも始めることができるので、簡単に誰でも不動産投資にチャレンジすることができるのですね。

さらに、REIT(リート)の場合は、不動産投資なのに簡単に売ることもできるのですよ。

不動産投資のまとめ

〇不動産投資のまとめ

不動産投資には、メリットもありますがデメリットがあり、老後のことを考えて不動産投資で不労所得を得ることを考えることもいいと思いますが、よく考えないと老後が大変になる可能性もあるのです。

不動産投資の不労所得は、永遠ではないからですね。

 

全部借入による不動産投資には、かなりのリスクがありますので、そんな方が不動産投資をしたいのであれば、まずは不動産投資の投資信託であるREIT(リート)の方がいいと思います。

不動産投資のメリットとデメリットをきちんと理解して、自分にとってメリットが大きければ不動産投資をしてみてはいかがでしょう。

 - お金, 財テク