楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

行動心理学を知れば、いろいろなことが上手くいくかも?!行動心理学で行動の意味を知ってみてはいかが?!

行動心理学
人は、無意識でさまざまな行動をとっているものです。

人間が行動を起こすときには、いろいろな理由があり、その理由は心理が関係しているのです。

その行動と心理の関係を知ることができるものが行動心理学になるのです。

 

行動心理学とは、簡単に言うと行動によって心の動きである心理を知るという感じのことです。

いろいろな行動には、心理が関係しており、心理によって行動が変わるということでもあるのです。

だから、行動心理学を知れば、人の心の動きを知ることができるので、多くのことを予測することができるようになるのです。

 

人の心理を予測できれば失敗しにくくなり上手くいくことが多くなるのですね。

だから、行動心理学を知れば、いろいろなことが上手くいく可能性が高くなるかもしれないのです。

では、行動心理学によって心理を予測できる方法を紹介していきます。

嘘

〇行動心理学で嘘を見抜ける?!

人は質問されたときに、右上を見ながら考えて話す場合は、嘘をついている可能性が高く、男性の場合は、嘘をつくときに目をそらし、女性の場合は、目を合わせると言われています。

そして、話しているときに、口を覆うような仕草や顔の周りを触るような仕草をしている場合は、嘘をついている可能性が高い行動だと言われています。

 

腕組み

〇行動心理学で性格を見抜ける?!

まばたきが多い人は、気弱な性格の人が多い。

腕組みをすることが多い人や飲み物のカップを両手で持つ人は、心を開かない頑固者が多い。

すぐに机などをコツコツと叩く人は、神経質な人が多い。

よく顔を触る人は、優柔不断な人が多い。

耳をよく触る人や髪の毛を指に巻き付ける人は、甘えん坊の人が多い。

早口の人は、飽きっぽい性格の人が多い。

 

16404

〇行動心理学で恋愛成就?!

行動心理学を知ることで、恋愛が上手くいく可能性を高めることができるのです。

対面に座るより隣に座る方が、相手に緊張感を与えずに安心感を与えることができるので、隣に座った方がいいのです。さらに左側の方が、安心感がアップし、左側から話しかけた方が相手の感情に届きやすいのです。

だから、気に入った方がいれば、左隣に座った方が恋愛成就する可能性が高くなるということになりますね。

 

そして、男性、女性共に好きな人にとる行動は、目をみるという行動です。

だから、見てくる人や目がよく合うというのは、脈アリのサインの可能性大なのです。

横目でチラチラ見てきたり、目がよく合うと脈アリの可能性が高いと言えます。

そして、何度も目が合って逸らされると多くの人は意識してしまい、目が何度も合うことで、好意に変わるということもあるのです。

1.3秒だけ見つめて目を逸らすという恋愛テクニックもあるのですよ。

 

そして、好意があれば、同じ行動をしてしまうというミラーリング効果という行動心理もあります。

口癖やちょっとした行動を真似してくる場合は、脈アリのサインの可能性があるのですね。

行動によって心理を予測することで、恋愛成就できる可能性がアップするかもしれませんよ。

 

〇仕事に使える心理学

仕事も心理学によって、上手くいく可能性を高めることができます。

相手から施しを受ければ、何かお返しをしなければいけないと思ったことはありませんか?

このお返しをしたくなる心理のことを返報性の原理と呼び、返報性の原理を上手く利用すれば、仕事が上手くいく可能性が高くなるのです。

先に相手に提供することで、後でお返しをしてもらえる可能性が高くなり、仕事が上手くいくようになるのですね。

 

そして、聞き手になれば、相手は好意を抱いてくれる可能性が高くなるので、質問して相手の意見を聞きましょう。

さらに「うなずく」ことで相手は気分良く話すことができるので、うなずきならが聞き手になれば、好感度がアップして仕事が上手くいく可能性が高くなるのですね。

 

そして、信頼関係を築きたければ、頻繁に会うことが大切です。単純接触効果といい、会う回数が増えれば増えるほど信頼関係を築くことができるのです。

 

そして、人は自分と共通点のある人に好意をもつという類似性の法則というものがあります。

だから、共通点がある人を信頼して好意をもつ可能性が高いので、信頼関係を築きたい場合は、共通点を探し出すことが大切なのです。

 

仕事では、人間関係がとても大切になります。

だから、上手く心理学を利用して人間関係を築いてみてはいかがでしょう。

 

視線

〇目で相手の心理を知ることができる?!

相手が話をしているときの目の動きによって、相手がどのように考えているのかを知ることができるのです。

人は、考えるときに視線が動きます。

過去の経験や記憶を考えているときには、左上に視線がいき、想像をしているときや嘘を考えているときには、右上に視線がいくのです。

 

嫌な感じをもったり、隠し事があるときなどには、目を逸らしたり、目を見ないで話すことが多いようです。

そして、まばたきが多い場合は、緊張している可能性が高いようです。

目によって、相手がどのように考えているのかを知ることができるのですね。

 

他にも行動には、多くの心理が作用しています。

だから、行動心理学を知って、相手の気持ちを知って生活を豊かにしてみてはいかがでしょう。

 

しかし、行動心理学は完璧ではありません。

可能性が高いという程度なので、行動心理学によって導き出した答えを信じ過ぎるのもどうかと思います。

あくまでも可能性の範囲なので、逆に行動心理学を信じ過ぎて失敗しないようにして下さいね。

心理学のテクニックで何事も上手くいくかも?!仕事や生活、恋愛につかえる心理学のテクニックを学んでみる?

 - 生活, 雑学