楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

読書のメリットは凄い?!本を読むきっかけに誰か大切な人に図書カードをプレゼントしてみてはいかが?!

読書
本を読んでいますか?本を読めばとても多くの効果を得ることができることを知っていますか?

最近は、読書ばなれが問題視されていますので、子供に読書の楽しさを知ってもらうためにも、図書カードを贈ってみてはいかがでしょう。

 

○図書カードとは

図書カードは、1990年の12月から発行され始め、一般に図書カードと言われますが、正式名所は、全国共通図書カードといい、本と交換ができるプリペイドカードになります。

図書カードは、贈答品などに使われることも多く、子供にプレゼントすると大抵喜ぶと思います。

私がプレゼントされても、もちろん喜びます。

 

プレゼントに何を贈ればいいのか、わからないときは図書カードを贈ってみてはいかがでしょう。

図書カードは、本しか購入することができませんので、現金をより教育的にみていいと思いますよ。

図書カード

 

〇図書カードと図書券の違い?

図書カードと聞いても、なんだかピンとこない人もいると思いますが、図書券ならピンとくるのではないでしょうか?

図書カードの普及が進むにつれ図書券をみなくなりました。

 

しかし、図書券を知らないという若い世代の方もいると思います。

図書券は、2005年まで販売していた、本と交換ができる金券のことをいいます。

私が子供の頃は、図書券が一般的でしたが、今の子どもに図書券といっても、図書カードのことだと思われるようです。

図書券

 

○図書カードに代わって良かった?悪かった?

図書券にから図書カードに代わって、良かった点と悪かった点がありますので、少し紹介してみます。

図書カードに代わって良かった点は、おつりの計算がいらなくなったところです。

図書券の場合は、紙であっため残額をおつりとして支払うなど必要でしたが、図書カードに変り、残額をカード内に残すことができるようになったのです。

 

しかし、図書カードは、使ったときに穴をあけるだけであり、一目で残りの詳細な金額を判断することができないところが問題点と言えば問題点になります。

残額を覚えていないと、はっきりした残額は、図書カードを見てもわからないということですね。

でも、きちんと把握しておけばいいだけです。

 

他の問題点としては、図書券にはなかった読み取り不良が存在します。

図書券の時は、機械に通す必要性がなかったため、どれだけ曲がっていても使えないということはありませんでした。

しかし、図書カードは、財布にいれていて曲がるなどして、データが読み取りができなくなった場合は、使えなくなることがあります。

とはいえ、図書カードの方がコンパクトで便利だと思いますね。

 

図書カードのことを理解したら、図書カードで本を買って本を読んじゃいましょう!

 

☆図書カードで本を買って読もう!

図書カードを持っているけど、読書はあまり好きじゃないという方は、財布の肥やしになっているのではないでしょうか?

そんな方は、本を読むことで得ることができる効果を知れば、本を読みたくなるかもしれませんよ。

読書が嫌いだという方も、本を読むことのメリットを知って、読書好きになっちゃいましょう。

 

本を読む

〇本を読むことのメリット

本を読むと、本に書いてあることを経験できて知識を身につけることができます。

そして、本を読むことにより、集中力もつき、やる気がでて行動力もつくのです。

本を読むと、いろいろと想像すると思いますが、その想像によって感性が磨かれて新しいアイデアを生む力をつけることができます。

そして、本を読むことで、知識がついて、話も弾むようになりますので、コミュニケーション能力も磨かれると言われています。

だから、本を読むことで人間関係もよくなり、勉強や仕事も上手くいくということになるのです。

 

さらに、本を読むとストレス解消をすることもできると言われており、6分間の読書によってストレスの3分の2以上を軽減させるという研究データもあるようです。

ストレスは万病の元になりますので、本を読んで病気予防もできるとは驚きですね。

そして、本を読むと脳を活性化させるので、アルツハイマーの予防にもなると言われています。

 

読書

本を読むと以上のような素敵なメリットがあるのです。

読書カードを持っている方は、本を購入して読んでみてはいかがですか?

そして、本を読むきっかけを作るためにも、子供や誰か大切な人に、図書カードをプレゼントしてみてはいかがですか?

 - 生活, 雑学