楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

失敗は成功の元だけどミスは失敗の元?!だからミスを無くすことが重要なのだ!失敗はいいけどミスはダメですよ。

失敗・ミス
誰もが多くの失敗やミスをした経験があると思います。

失敗とミスは同じような意味で使いますが、きちんと失敗とミスの違いを考えたことがあるでしょうか?

 

同じように思っているかもしれまませんが、失敗とミスは全然意味が違うのです。

失敗とは、成功するために挑戦した結果であり、失敗は成功するためのプロセスになります。

しかし、ミスは、準備や確認をすれば防げるものであり、失敗する原因がミスだということになります。

 

だから、失敗は成功するためにする必要がありますが、ミスはなるべくしない方がいいということなのです。

失敗やミスは誰でもしますが、ミスを少しでも無くすことが重要だということが理解していただけたと思います。

 

絶対にミスを無くすということは出来ないかもしれませんが、ミスを少なくするためにできることはあります。

ミスの原因

では、ミスを少しでも無くすための方法を考察していきますね。

〇ミスが起きる状況や原因を知ることでミスは減る?!

なぜミスが起きるのか?を考えることで、ミスをあるていどは無くすことが可能です。

だから、ミスが起きる状況や原因を知ることがミスを減らすことに重要なのです。

では、ミスが起きる状況や原因を紹介します。

 

1. 焦っている・急いでいるときにミスが起きる。

誰もが焦ったり、急いでいるときには、ミスを起こす可能性が高くなります。

だから、時間がないなどの理由で、焦ったり、急いでいるときには、特にミスに注意する必要があるのですね。

時間に余裕が持てないときもあると思いますが、そんなときこをミスに注意しましょう。

 

2. 能力を過信したときにミスが起きる。

自分の能力を過信してしまうと、思わぬことでミスをしてしまうものです。

謙虚に能力を過信しすぎないことも、ミスを減らすためには大切なのですね。

 

3. チェックの不足によりミスが起きる。

チェックをしなければ、ミスをする可能性が高くなるので、チェックの回数が多ければミスを防ぐことができますよね。

だから、ミスを防ぐためにはチェックシートを作ったり、ダブルチェック、トリプルチェックも大切になります。

 

4. マンネリ化による不注意によってミスが起きる。

マンネリ化すると、いつもの作業だと思い緊張感が無くなって不注意になりミスが起きるのです。

ある程度の緊張感が不注意によるミスを防ぐことになりますので、マンネリ化しない工夫もミスを減らすためには大切になります。

 

5. 忘れることによってミスが起きる。

誰もがつい忘れてしまうということはありますよね。

そして、忘れることによって、ミスが起きることもあります。

ちょっとしたことだから覚えておけると思うのではなく、メモをとったりして忘れないための対処をすることでミスを防ぐことができるのですよ。

 

5.不安定な心理によりミスが起きる。

家で嫌なことがあったり、仕事が上手くいかなかったりして、不安定な心理状況になるとミスをしてしまうものです。

だから、ミスをしないためにも、ストレスを解消して心をケアすることも大切なのです。

そして、ミスによってクヨクヨ悩んでミスを繰り返すような悪循環に陥らないためにも、ミスの予防には気分転換も大切なのです。

 

ミスが起きる状況や原因を知ることで、ミスを未然に防ぐための対策をすることができますね。

ミスをしたらその状況や原因を調査して、同じミスをしないようにすることがとても重要ですよ。

ミスの対処

〇ミスをしたときの対処が重要?!

どんなに注意をしていても、誰でもミスをしてしまうことがあります。

そんなときには、ミスをした後の対処の重要になります。

ミスを曖昧に誤魔化してしまうと、何度も同じミスをすることになりますし、ミスを繰り返すと信用を失います。

だから、ミスをしたといの対処方法を考えておくことが大切なのですね。

 

1. ミスを速やかに正確に報告する。

ミスを隠そうとすれば、最終的に大きな問題になってしまう可能性がありますし、速やかに正確に報告すれば、問題が大きくなることを防げる可能性が高くなります。

だから、ミスは速やかに報告することが大切なのです。

 

2.誠意をもって謝罪する。

理由があっても言い訳をするより先に、ミスをしたことを誠意をもって謝罪することが大切です。

ミスはミスであり、相手にとって理由は関係がなく、言い訳をすればするほどに悪い状況になる可能性が高いのですよ。

 

3.問題が解決したら引きずらない。

ミスは誰でもすることなので、問題が解決したのに引きずっていれば、他のミスの原因になります。

だから、ミスを速やかに報告して謝罪をして、問題が解決したらミスを引きずらない方がいいのですね。

 

4.ミスの原因とミスの再発防止対策を考える。

同じミスを何度もすれば、信用を無くしてしまいますので、一度したミスをしないために原因を把握して、ミスの再発防止対策を考えることが大切です。

例えば、チェックシートを作っておけばミスが防げたのであれば、チェックシートを作った方がいいですね。

ミスをしたときの対処

 

人間、誰しもずっと緊張感を持って生きて行くことはできませんので、全てのことをミス無くすることは不可能に近いといえます。

しかし、ミスが許されない場合もありますので、許されるミスと許されないミスを知ることも大切だと思います。

〇許されるミスと許されないミスを知る?!

ずっと緊張感を持ってミス無く作業をしようとすることは難しいのです。

人間の集中力には限界があり、ずっと集中し続けることはできません。

だから、多少のミスがあっても大丈夫な場合とミスが許されない場合での、緊張感の切り替えが重要なのです。

ミス

重要な仕事などの場合は、ミスが許されないので緊張感を持ってチェックを何度もしてミスを無くして、ちょっとしたミスが許されるようなモノであれば、気軽にしましょうってことですね。

その切り替えができないと、緊張感が大切なときに切れてしまって、大きなミスをしてしまうことになるのです。

ミスを少しでも減らすためには、ミスが起きる状況や原因を知ってミスを未然に防ぐための対策を考えて、きちんと対処し、許されるミスと許されないミスを知り、緊張感の切り替えが大切だということですね。

 - 仕事, 生活