楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

歳の差婚の問題点は?歳の差婚のメリット・デメリットを知って歳の差婚を目指してみる?!


結婚をしている方は、結婚をするときに相手の年齢を気にしましたか?

また、これから結婚をしようとしている方は、結婚するときに相手の年齢を気にしますか?

結婚する場合は、同級生やある程度は同世代の年齢の方と結婚するのが常識だと思っている方が多いかもしれませんが、歳の差婚が増えているようですよ。

 

そんな歳の差婚とはどのような結婚なのか知らないという方のために簡単に説明をしていきますね。

○歳の差婚とは?

結婚をするときに年齢を気にしないという方もいると思いますが、一般的にはあるていどの年齢差までが普通の結婚ということになります。

そして、ある程度の年齢差の結婚になれば、歳の差婚と呼ばれるようになるのですね。

いろいろな意見があると思いますが、10歳程度までの歳の差が普通の結婚のラインと言われており、それ以上の歳の差になると歳の差婚と呼ばれることが多いようです。

 

そんな、年の差婚が増えている理由としては、いろいろと理由があるのですが、年齢が離れているからこそのメリットがあるからなのです。

そして、歳の差婚にはメリットもありますが、デメリットもあるのですね。

 

☆歳の差婚のメリット・デメリット

歳の差婚には、年齢が離れているからこそのメリットがありますし、逆にデメリットもあるのです。

◎歳の差婚のメリット

年齢差があると、お互いに張り合うことも少なく譲り合うことができるので、お互いに優しくできるというのも歳の差婚のメリットです。

そして、他にも、いろいろと歳の差婚のメリットがありますが、パートナーが年上、年下によって変わりますので、年上、年下で分けて歳の差婚のメリットを紹介します。

 

○パートナーが年上の場合の歳の差婚のメリット

同年代でも甘えることはできますが、パートナーが年上の方が、やはり甘えやすいですよね。

そして、人によって違いはありますが、年上の方が包容力もあり失敗を許してくれるので、気楽に一緒にいられるのです。

また、年齢が近ければ、いろいろなことで張り合うことも多くなり、意見がぶつかって喧嘩になることが多くなりますが、ある程度の年齢差があれば、お互いに張り合うことも少なく喧嘩になることが少なくてすむのですね。

 

そして、年齢が上がれば、経済的にも安定している人が多い傾向にあるので、年上の方と結婚すると経済的に安定した生活をおくれる可能性が高くなります。

さらに、年齢が上がれば人生経験が長いので、色んな面で大人なアドバイスをしれくれます。

だから、必然的に年下の方は歳の差婚をすれば成長のスピードが上がるのです。

人によって違いますが、パートナーが年上の場合には、このような歳の差婚のメリットがあるのですね。

 

○パートナーが年下の場合の歳の差婚のメリット

年下には、年上の人ほど大きな期待をしないですむので、小さな欠点を許すことができます。

そして、頼りないと思っていた年下が、意外としっかりしている部分があると、評価が上がって頼もしく思えるようになるのです。

そして、人によって違いますが、パートナーが年下であれば、年上として頼ってもらえるように努力して成長することもできるのです。

さらに、パートナーが若ければ、自然と考え方や物事の見方が若い視点となり、若い視点で物事を考えることができるようになりますし、自然と自分も若くなれるのですね。

また、若い方とのお付き合いも増えるので、自分の努力も関係しますが外見も若々しく保たれることが多いようです。

 

このように歳の差婚には、メリットがあるのですが、デメリットもあります。

×歳の差婚のデメリット

年齢差が大きいと、やはり「世代のズレ」により、話題がどうしても合わないことが多く、子どもの頃に流行ったテレビやいろいろなことで思い出を共有することが難しいことがあります。

また、年齢差が大きければ親子と間違われる可能性もありますし、子どもを孫だと間違われるというようなこともあるかもしれません。

他にも、いろいろと歳の差婚のデメリットがありますが、パートナーが年上、年下によって変わりますので、年上、年下で分けて歳の差婚のデメリットを紹介します。

 

○パートナーが年上の場合の歳の差婚のデメリット

パートナーが年上の場合は、年齢や経験を理由に無理に意見を通されるということが多くなります。

そして、パートナーが年上の場合は、結婚当初の収入は多くて経済的にも安定していても、老後が早くきて早く収入が減るという可能性が高くなります。

だから、結婚当初の収入が多くても定年がくるのが早いことを念頭に置いておかなければならないのですね。

 

そして、女性が年上であれば出産の年齢を気にする必要がありますし、男性が年上であれば定年時期と子どもの成長を考える必要があります。

さらに、パートナーが年上の場合は、パートナーの両親は自分の両親の世代よりも年が上なので、早めに介護の問題が起こる可能性があります。

だから、子育てが一段落したと思ったら義理の両親の介護問題がきて、それが落ち着いたら、実の両親の介護門外がきて、すぐにパートナーの介護がくる。そんな最悪のケースが起きないとも限りません。

 

○パートナーが年下の歳の差婚のデメリット

パートナーが年下の場合は、やはり、相手を頼りなく感じることが多くなるので、対等な立場を築きにくくなります。

そして、相手が年下であれば、老いを感じることも多くなり、身体的に無理をする必要がある部分が増える可能性もあります。

さらに、人によって違うと思いますが、パートナーが年下であれば、やはり相手の浮気を心配することが多くなる可能性が高くなります。

 

このように歳の差婚には、メリットもあれば、デメリットもあります。

普通の結婚でも同じようにメリットもありますしデメリットもありますが・・・。

だから、メリット・デメリットを理解した上で、どうやって結婚生活を楽しむかが大切になるのではないでしょうか。

○歳の差婚を楽しむための心得

歳の差婚で起こりそうな問題を把握して、きちんと準備して対策すれば、歳の差婚を楽しむことができるのですよ。

・世代のズレを楽しむこと!

世代のズレによって、話が合わないこともありますが、世代のズレによって違う世代のことを知ることができるのです。
そして、同年代だと、どうしてもお互いが張り合って素直になれないことがありますが、歳が離れていることで素直になれる場合もあるのですね。

 

・老後のことを考えて行動?!

先のことを考えすぎるのも問題ですが、今が楽しければそれでいいと思うのも問題です。
歳の差婚の場合は、同年代での結婚よりも、結婚当初は経済的にゆとりができる場合が多いですが、定年退職が早くくるという現実も忘れてはいけません。
早くくるどちらかの老後のために、貯蓄など老後のことを考えて行動しておくことも大切なのですね。

 

・お互いに年齢差で無理をしない。

年上は年下に合わせようとして無理をしますし、年下は年上に合わせるために無理をしてしまう場合があります。
しかし、無理をすれば、お互いに疲れてしまいますし、結婚生活を楽しく暮らすことは難しいです。
だから、年齢差を気にしてお互い無理をしない方がいいのですね。

 

歳の差婚で失敗する理由は、人それぞれであり、歳の差だけが理由だと限りません。

しかし、歳の差婚の場合は、年齢が離れているので価値観の違いやジェネレーションギャップ、生まれ育った時代背景が異なるので、経済観念も大きく異なります。

だから、早いうちからお互いにしっかりと話し合い、歳の差で生じるズレについて理解する必要があるのですね。

 

そして、歳の差婚であろうが、普通の結婚であろうが、幸せな結婚生活を送るにあたって大切なことは、お互いの思いやりと譲り合いです。

どんな相手と結婚しても、これは変わらないことなのです。

長い結婚生活の間では、どんな夫婦でもそれなりにいろいろな問題が起きます。

だから、結婚する場合は、思いやりと譲り合いが大切で、お互いに協力し支えあっていくことが大切なのですね。

結婚神話?!結婚は幸せ?独身は不幸せ?人によって違うかも?!自分に合った人生を選ぶべき!

 - 思考, 生活