楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

脳の衰えを感じたら早めに脳を活性化させた方がいいかも?!早めの対処で脳は復活するかも?!

脳の衰え
ある程度の年齢になると、誰もが体の老化と脳の老化を感じますが、最近、頭の回転が悪くなってきた!物忘れが多くなった!そんな脳が衰えた退化してきたと感じることがありませんか?

もちろん年齢によっての脳の老化もありますが、脳は使わないと退化して働きが鈍くなってしまうのです。

だから、脳を使わないと若くても脳は退化してしまうということですし、年齢以上に脳が退化してしまうと危険なのです。

 

脳が退化してしまうと、いつもできていたことができなくなる可能性もあるので、仕事が上手くいかなくなる可能性もありますし、最悪、認知症の原因にもなってしまいます。

なので、脳が退化してしまうと、人生を台無しにしてしまう可能性もあるということなのですね。

認知症になってからでは遅いですし、仕事で大きなミスをしてしまってからでも遅いかもしれませんよ。

だから、脳を退化させないためにも、脳を活性化させる必要があるのではないでしょうか?

物忘れ

脳を活性化するならこれ!?脳の退化を感じたら脳を活性化させちゃいましょう!

〇脳を活性化させる方法

脳を活性化させるということは、脳を使うということであり、考えるということです。

だから、脳を退化させないために脳を活性化させようとすれば、考えることをすればいいということなのですね。

 

では、脳を活性化させる方法を紹介します。

脳を活性化する方法としては、将棋、オセロ、麻雀、ジグソーパズル、ルービックキューブ、数独などいろいろとあります。

そして、計算や読書など勉強をするのも脳を使うので活性化させることになります。

また、料理や掃除、片付けなど、普通に生活するだけでも考えますので脳を使います。

そして、会話をするときには、相手の話を聞きながら、話をする内容を考えるので脳を使いますよね。

 

さらに、脳を使っていないと思っている人もいるかもしれませんが、運動をするときは脳を使って考えながら運動をしているので脳を活性化することにもなります。

だから、何かをすれば考えているので、脳を使っているということになるのです。

しかし、何事も慣れてくると、あまり考えないでできるようになるので、新しいことを学びながらすることが大切なのです。

 

読書

では、私の独断と偏見で脳を活性化するおすすめな方法を紹介していきます。

○脳を活性化するには何がおすすめ?!

脳を活性化するのにとても簡単でおすすめな方法は「読書」です。

読書の場合は、誰でも一人でできますし、いつでも何処でもできます。

そして、本はどんどん新しいモノが発売されるので、新しいことを学び続けることができるので、脳を活性化し続けることができるのです。

 

また、読書には、集中力や想像力などを上げる効果もありますし、知識という武器を身につけることもできます。

さらに、読書にはストレス軽減効果もあるといわれているのですよ。

だから、読書には、一石二鳥以上の効果があるのです!脳を活性化させるために読書をしてみてはいかがでしょう。

 

 

そして、逆利き手を使うことも脳を活性化させるためにおすすめです。

逆利き手とは、利き手ではない方の手のことですが、逆利き手を使うには、意識して使う必要があるので、脳が活性化するのです。

おすすめな理由は、逆利き手を使うためには、何も用意する必要がないので、誰でも簡単にすぐに始めることができるところです。

例えば、食事のときに逆利き手で食べるだけでいいですし、ちょっとだけ逆利き手を意識して使うだけでもいいのです。

利き手じゃない方の手である逆利き手を使うと意外な効果を得ることができる?!逆利き手を使ってみませんか?!

 

絵を描く

また、絵を描くことも脳を活性化させるためにおすすめです。

絵を描くには、鉛筆と紙を用意するだけなので、多くの人はすぐに始めることができますよね。

だから、誰でも簡単に始めることができるので絵を描くことがおすすめなのです。

なぜ、絵を描くと脳が活性化されるのかというと、絵を描くために想像したり、考えるたりする必要がありますし、脳を使って手先を動かすからです。

絵を描く効果は凄い?!絵を描くと意外な良い効果がある?!素敵な絵を描く方法も学んじゃう?

 

ルービックキューブ

そして、ルービックキューブも脳を活性化させるためにおすすめですよ。

基本、人間は平面の処理は慣れていますが、立体の処理は慣れていません。

だから、ルービックキュウーブは、立体構造なのでいつもより考える必要があるので、脳を活性化させるのですね。

ちなみに、ルービックキュウーブは、1978年にハンガリーのエルノー・ルービック氏が発明しました。

そんなルービックキューブですが、脳を活性化させる効果もいいのですが、ルービックキューブを揃えることができるようになれば、特技としてもいろいろな場面で役立つかもしれませんよ。

 

後は、散歩も脳を活性化させるためにおすすめなのです。

散歩をすると、血行が良くなり脳への血流量が増えるので脳に良いのです。

そして、散歩をするときは、いろいろなものを見ながら歩くので脳が活性化されます。

特に知らない道を歩くと、新しい体験をすることになるので、より脳が活性化しますよ。

さらに、散歩をすることで体の健康にも良いのでおすすめなのですね。

 

このようにいろいろと脳を活性化させる方法があり、誰でも簡単に始めることができる方法があるのですよ。

自分のためにも脳を活性化させてみてはいかがでしょう。

 

デジタル機器

そして、近年、パソコンやスマホ、タブレットなどによって脳に悪影響がでているといわれています。

〇スマホやタブレット、パソコンによって脳に悪影響がでる?!

なんと便利で多くの人が利用しているスマホやタブレット、パソコンなどのデジタル機器にあまりにも頼ることで、記憶力や集中力のほか、注意力や計算能力まで低下してしまい、電話番号や人の名前が覚えられない、思い出そうとしてもなかなか思い出せないなどの症状に陥る人がいるのです。

そんな症状を「デジタル認知症」と呼びます。

 

そして、デジタル認知症になると、最悪、若年性認知症になるというデータもあるようです。

なぜ、スマホやタブレット、パソコンに頼るとデジタル認知症になるのかというと、考えずにインターネットで簡単に物事を調べることができるので、脳が記憶する必要がないと判断するようになり、脳が楽をするようになり、脳が退化していくからです。

だから、スマホやタブレット、パソコンに頼り過ぎていると感じる人や物忘れが多くなったと感じる人は、脳を活性化させることが大切なのではないでしょうか?

インターネットを使い過ぎるとデジタル認知症になる?若ものに忍び寄る認知症の影に注意!

 - 生活