楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

憂鬱な気分は誰でもなる!うつ病は誰でもなる可能性のある病気

Optimized by JPEGmini 3.11.4.4 0x6cb6a7d2
誰もが面倒くさい!憂鬱だな~~と思うことは時々ありますよね。

憂鬱とは、気持ちが晴れないという 気分が下がっているときに使う言葉です。

 

憂鬱になる事で調べてみた結果、最も憂鬱になるのは仕事のことに関して大きいようです。

最近では、日曜日のサザエさんの放送時間頃から憂鬱な気分になるサザエさん症候群なんて言葉も生まれてきました。

原因はわからないが、朝から気分が晴れない人もいるようですが、多くの原因は、仕事だといわれているんですね。

 

また、憂鬱な気分といえば うつ病なような気がするが、日本のうつ病の患者数は、少し古いですが2008年にデータで104万人がうつ病になっていると言われています。

これは世界的に見たら少ない数字なのですが、私的には、驚きの数字です。(゜Д゜)

ということは、日本人は、鬱になりにくいかといわれたら少し違うようです。

 

日本は、世界8位の自殺国家なのです。

自殺の原因は、いろいろありますが、自殺の多くの原因に鬱が関係しているといわれているんです。

だから 自殺率が高いのに うつ病患者が少ないのはおかしいようなきがします。

うつ病イコール自殺と勝手に決めつけてはいけませんが、ある程度関係があるんです。

 

では、なぜ日本で自殺者が多いのに うつ病が少ないという結果が出ているのかというと、鬱状態でも 病院に行かないという方が多いからだと思われます。

なぜ 病院に行かないかというと、うつ病というと、偏見で見てしまう人が日本には多いからです。

うつ病なんて怠けているだけという意見も少なくありません。

多くの人が、うつ病は、怠け者や精神的に弱いなどといった 負の印象が強いという事なんですね。

 

このように思っている人が多い結果、日本の うつ病患者の受診率の低下につながっているため、うつ病患者が世界的に見たら少ないという事になっていると思われます。

世界の人口の3~5%の人が、うつ病だといわれているので、統計学的に数字をあてはめると、日本には、600万人以上の うつ病患者がいるという事になるんです。

しかし 近年は、そういった偏見の目も 少しは少なくなってきているようです。

1996年のデータでは44万人だった患者が先ほど説明した。

2008年では104万人と約2倍になっています。

これは うつ病に対する認識が変わってきたことが、受診率を上げてうつ病患者が増えたという結果になっているのだと思われます。

近年では、うつ病の患者が増えてきていると言いますが、これは増えてきているのではなく、見つかってきているのかもしれませんね。

 

うつ病の理解者が増えれば、うつ病かも?って 時に病院に行って早く対処する事が出来て最悪の事態に陥らないですむ可能性が高くなりますし、うつ病患者の偏見も減ると思いますので、少し うつ病についても説明しておきます。

うつ病の説明

まず始めに うつ病は、怠け者ではなく 病気です。

うつ病は、まじめで、几帳面な人がかかりやすいといわれますので、怠け者ではありません。

うつ病は、仕事・家庭のストレスやその人の考え方とらえ方が複雑に絡みあって引き起こされます。

ストレスなどによって、脳を構成する神経伝達物質のうちの、「セロトニン」「ノルアドレナリン」が減少する事により、脳の情報伝達にトラブルが起こってうつ病になるんです。

だから うつ病は、心の病気というより、脳の病気という感じです。

多くの人は、日々ストレスと戦っていると思いますが、ストレスによって脳の神経伝達物質が減る事で、うつ病になるという事なんです。

だから 誰でも うつ病になる可能性があるという事を理解しておきましょう。

 

うつ病かも?ってちょっと気になる方は、セルフチェックをしてみてはいかがでしょう。

→ うつ病の診断・セルフチェック

でも 誰でもストレスを感じて憂鬱になる事があります。

しかし その憂鬱な気持ちを引きずってため込んでいくと、うつ病になってしまいます。

 

そんな憂鬱な時は、どうしたらいいのでしょうか?

6902

好きな音楽を聞くことで、気分が高揚して憂鬱な気持ちが晴れることがあります。

音楽には力があることが実感できますよ。私も好きな音楽を聞いているとテンションが上がります。

音楽などによってもストレス解消が出来ますが、それ以上に本を読むことでストレス解消効果があるといわれています。

さらに うつ病患者が自己啓発本を読んだ方が、抗うつ剤治療を受けた人よりも症状が改善したというデータもあるようです。

 

そして 誰かに愚痴を言いましょう。

愚痴を言うのは恥ずかしいことではありません。人間にとって必要不可欠なものなのです。ですから、愚痴を言いまくりましょう。そしたら、気分は少し晴れるはずです。

さらに 映画などを見て 感情の涙を流す事でも、ストレス解消になるんです。※嘘泣きな意味がありません。

他にも散歩やちょっとしたスポーツも ストレス解消になりますね。

人によってストレスの感じ方も違いますし、ストレスの解消方法も少しずつ違ってきますので、自分なりのストレス解消法をみつける事が一番大切です。

 

また、皆さんは鬱にきく食べ物をご存じだろうか?

それはバナナです。私も気分が落ち込んでいるときはバナナジュースを飲むようにしています。

バナナには、精神安定や催眠作用があるため、鬱にはもってこいの食材といえるでしょう。

そして コーヒーの香りには、リラックス効果があり、コーヒーを飲む事で、鬱になる確率が低くなるといわれています。

 

憂鬱な気分は誰にもある症状です。

憂鬱な気分になったら 気分転換をして、憂鬱な気分を吹き飛ばしちゃいましょう。

 - 健康, 生活, 病気