楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

パラレルワールドは存在する可能性がある?!パラレルワールドをちょっと知って人生を楽しみませんか?

パラレルワールド
パラレルワールドという言葉を聞いたことがあるだろうか?

パラレルワールドとは、ある世界から分岐し、それに並行して存在する別の世界のことで、 並行世界、並行宇宙、並行時空ともいう世界のことです。

そんな世界を想像したことがある方もいるのではないでしょうか?

 

おとぎ話?アニメ?SFの世界のこととして考えてこられたパラレルワールドですが、量子力学的に考えればあってもおかしくない世界なのです。

つまり、もしかしたら、本当にパラレルワールドが存在しているかもしれないということです。

 

○ パラレルワールドとは

パラレルワールドは、異世界や4次元、魔界などの完全に違う世界ではありません。

隣同士や裏表など、近くに寄り添うように存在する世界のことです。

つまり、今、私がこの記事を書かなった世界が、パラレルワールドとして存在しているかもしれないということになります。

 

時間分岐

パラレルワールドは、人生や世界の分岐によって生まれる世界だとも言えます。

もしあなたが、AとBの道、どちらに進もうかと悩んだ時に、二つの世界が生まれているということです。

つまり、Aを選んだ世界とBを選んだ世界が存在し、Aを選んだ世界にとってBを選んだ世界は同じ時間軸で一緒に動いているが全く違う世界という感じです。

AからみたらBはパラレルワールドですし、BからしたらAがパラレルワールドということになるのです。

 

つまり、選択によってあったかもしれない世界こそがパラレルワールドなのです。

だから、今現在も私たちは、パラレルワールドを作り続けているということになるのです。

 

もしかしたら、あなたが10年後に大統領になっているパラレルワールドが存在しているかもしれませんよ。

ちなみに私たちが観測できる世界は一つであり、パラレルワールドは存在しても観測できないともいわれています。

このように、分岐によって多くの世界ができる解釈を多世界解釈といいます。

多くの人は、過去をどうしておけば良かったと後悔しますが、この考え方こそ、多世界解釈に近いのかもしれませんね。

 

地球の裏表

○地球の内側にパラレルワールド

もしかしたら存在するかもしれない世界パラレルワールド、私が先ほど説明したのは多世界解釈です。

多世界解釈の場合の世界は無限に存在し、何万年前に分岐した世界では西暦2000年でも恐竜が存在している世界があるかもしれません。

そして、パラレルワールドの考え方として、地球の内部にもう一つの世界が存在しているのではないかという考えもあります。

つまり、パラレルワールドが表裏一体で存在しているという考え方です。

 

すべての惑星の内部には、パラレルワールドが存在しており、地球もその例外ではなく、地球の内側にもう一つの世界が存在している可能性は否定できないと言われています。

また、こちらからしたら、裏の世界であるが、裏の世界からしたら、こちらが裏の世界になるのかもしれません。

観測することはできませんが、私たちの地球は二つの世界によってできているのかもしれませんね。

あくまで、仮説ですが、UFOはパラレルワールドのものかもしれないという説もあります。

 

○ タイムスリップとパラレルワールド

タイムスリップという言葉を聞いたことがあると思いますが、タイムスリップとパラレルワールドには関係があります。

つまり、過去や未来とパラレルワールドは、関係があるということです。

過去や未来と関係があるパラレルワールドは、人生や世界の分岐によって生まれる世界の方なので、地球の内側の世界というパラレルワールドとは関係はありません。

タイムスリップ

多くの人は、過去に戻りたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

しかし、もし過去に戻れるとしたら、今と過去に矛盾が生まれてしまいます。

そんな矛盾なことをパラドックスといいます。

 

矛盾で有名なのが、親殺しのパラドックスです。

ちなみに僕は、親を殺ささなくてもこのパラドックスは起きると思います。

なぜなら、1秒でも干渉すれば世界は変わると考えているからです。

これを説明するのはバタフライ・エフェクトという言葉を説明するようになるので割愛します。

蝶が羽ばたくと竜巻は起こる?!バタフライ効果(バタフライ・エフェクト)によって小さな変化が大きな変化になるかも?!

 

・親殺しのパラドックスの説明

もし、あなたが過去に遡り、親を殺したとします。

この時、あなたの親が死んだのであなたは生まれません。

では、今のあなたは誰ですか?となります。

つまり親を殺せば矛盾が生じます。これこそが親殺しのパラドックスです。

この矛盾に対しての考え方の一つにパラレルワールド的な概念もあります。つまり、世界線の変化です。

 

あなたの世界はもう進んでいる世界です。

その世界の過去にいくことはできません。

あなたが過去だと思っている世界は、あなたのいる世界と全く同じ道をたどった違う世界だということになります。

 

つまり、あなたが親を殺したところで、あなたのもといた世界には何の影響もありません。

影響があるのは、あなたが変えてしまった世界だけです。

だから、タイムスリップは、パラレルワールドに移動するだけと考えられています。

つまり、違う世界の親を殺したことになるという考え方です。

 

時間軸

パラレルワールドのことを考えると、いろいろ可能性や未来を感じることができますよね。

ワクワクしてきませんか?

パラレルワールドについて、ちょっと興味を持った方もいるかもしれませんし、全く興味がわかなかった方もいると思いますが、パラレルワールドは存在するかもしれないと思うことで人生が少し楽しくなると私は思います。

これから物事を決めるときに、パラレルワールドのことを考えながら選択してみてはいかがですか。(*^―゜)

 - 雑学