楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

ケチは損をする!?賢い人はケチではなく節約家・倹約家なのだ!!ケチと判断されれば不快な人と思われるよ!

ケチ・節約
ケチってどんなイメージですか?嫌なヤツ?嫌われ者?大体の人が持つケチのイメージはマイナスのイメージですよね。

だから、ケチを好きだという人は少ないのではないでしょうか?

自分では、ケチだと思っていなくても周りからケチだと思われている人もいますよね。

 

もしかしたら自分では気づいていなくても「あの人ケチだよね」と陰口されているかもしれませんよ。

ケチは嫌なイメージですが、節約家であれば、あまり嫌なイメージではないのではないでしょうか?

だから、無駄な出費が嫌だと思う方は、ケチではなく節約家・倹約家を目指すべきなのです!!

ケチと節約の違い

ケチについて理解して、ケチから節約家を目指してみませんか?

〇ケチの定義とは?ケチと節約は違う?!

人によって考え方が違うので定義も少しずつ違ってきますが、ケチと節約の違いについて一般的な考え方があります。

簡単にケチを説明すると「ケチ」は、お金を使わないことが目的であって、ケチな行為で周りの人を不快にさせることを気にしない人のことです。

対して、「節約」は目的のために節約して使わない人で、お金を使わないことは手段だと思っている人のことです。

 

そして、節約家は、周りの人を不快にさせないように節約する人です。

だから、目的もなく周りを不快にさせてもお金を使わない人がケチで、目的のためにお金を使わないが、周りを不快にさせないように考えているのが節約家ということです。

ケチ

〇ケチな人の特徴!

・目先の損得ばかり考えてお金を使わない。
・お金がないわけではないのに必要なものも買わないで我慢する 。
・使う目的が無いのにお金を使わずお金を貯めて喜びを感じる。
・家族や恋人、友人であっても人のためにお金を使いたくない。
・お金があるのにお金が無いといつも言っている。
・たまに奢ったりすると、何度もそれを誰かに言う。
・人のモノを欲しがって羨ましがる。
・他人のためになる行動をしない。
・モノをもらうのは好きだが、モノをあげるのは嫌。

ケチな人には、以上のような特徴があるのです。

当てはまる人は、自分はケチだと思っていなくても、周りにケチだと思われているかもしれませんよ。

ケチと節約

では、ケチのメリットとデメリットを考えてみますね。

〇ケチのメリット・デメリット

ケチのメリットは、お金を使わないのでお金が貯まる可能性が高いというところでしょうか。

そして、ケチだと人との付き合いが少なくなるので、自分の自由な時間が増えるというのもメリットだと言えばメリットですね。

ケチのデメリットは、周囲の人から嫌われる可能性が高くなり、孤立して誰からも相手をされなくなるかもしれません。

 

ケチな人は嫌われる可能性が高いのですが、お金が貯まって金銭的に損をしていないから別にケチだと思われてもいい!!と思うかもしれませんが、ケチは金銭的にも損をしているかもしれないのです。

〇ケチは実は損をしている?!

ケチは損をしていないと思っているかもしれませんが、ケチは失うモノが多いのです。

信頼関係や友人関係を築ける人は、仕事が上手くいく可能性も高いですし、出世できる可能性も高いのです。

ケチな行動によって、人に嫌われれば、信頼関係や友人関係を築きにくく、上手くいくはずの仕事も上手くいかなくなる場合もあります。

 

そうなると、収入が上がらずに金銭的に損をしていないと思っていても、最終的に損をする可能性が高いのです。

ケチによって、良好な人間関係が築けなければ、損をする可能性が高くなるのですよ。

お金を他人に使わないケチな人は、お金を損していないと思っているかもしれませんが、損をしているのかもしれませんよ。

節約

そして、お金持ちの人はケチが多いということを聞いたことがありませんか?

〇お金持ちはケチなの?!

お金持ちの人は、ケチだという印象を持っている人が多くいるのではないでしょうか?

しかし、お金持ちの人は、ケチではなく節約家であったり、倹約家なのです。

ただのケチでは、お金持ちになることは難しいのですよ。

お金を使う効果を考えて無駄をなくして節約して使っている方が節約家であり倹約家なのです。

そして、節約家であり倹約家だから、お金持ちになれるのですよ。

 

自分にとってメリットがある場合は、お金持ちの人はケチな振る舞いはしないのです。

お金持ちの人がケチに見えるのは、自分にとってメリットが無いと思っている人の前であったり、勝手な思い込みでお金持ちは無駄使いをすると思っているからなのですね。

無駄使いをしない人は、ケチではなく倹約家・節約家であり、お金持ちの倹約家・節約家の人は意味のあるお金の使い方をするということです。

だから、お金持ちはケチではなく、コツコツとケチって貯めている小金持ちがケチという感じですね。

節約家・倹約家

ケチは損をしますし、嫌われるのでケチにはならないようにした方がいいと思います。

だから、ケチではなく節約家・倹約家になればいいのです!

〇ケチではなく節約家・倹約家になれ!

自分のためにも周りの人が不快に思うようなケチにはなってはいけません。

しかし、羽振り良く無駄使いをしていては、浪費家になってしまい、浪費家の方がケチよりいいのかというと浪費家も問題だと思います。

浪費が酷すぎると借金まみれになって、大変なことになるかもしれませんよね。

 

だから、ケチだと思われないようにお金の使い方や無駄に使わないということを考えることが大切なのです。

どんな時でもお金を使いたくないビームを出しているとケチだと思われてしまいますよ。

例えば、割り勘の仕方でも一円単位まで計算するのではなく、数百円程度なら自分が払うことでケチだと思われないですよね。損して得取れ精神も大切ですよ。

 

そして、周りの人にケチだと思われていないのかを意識することも大切ではないでしょうか?

なぜならケチの人は、周りのことを気にせずにケチるからです。

周りの人の反応を気にして、使うときにはお金を使い、目的のために無駄なお金を使わないということを考えてお金を使うことでケチではなく、節約家・倹約家になれるということです。

 

ケチはダメだけと節約・倹約であれば問題ないのです。

ケチのレッテルを貼られる前に、節約家・倹約家を目指してみてはいかがですか?!

 - お金, 生活