楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

芥川賞ってどんな賞なの?純文学・大衆文学?芸術を感じられる芥川賞の作品を読んでみませんか?

読書
芥川賞という言葉を聞いたことがある人は多くいると思いますが、どんな賞なのかを知っていますか?

芥川賞といえば、素晴らしい作品が受賞する小説の賞と単純に思っている人がいるのではないでしょか?

晴らしい小説が受賞する賞ですが、芥川賞とは、どんな賞なのかもう少し知ってみませんか?

 

〇芥川賞とは

芥川賞というのは、通称で正式には「芥川龍之介賞」になります。

芥川龍之介は、大正時代を代表する小説家の一人で、短編小説をおもに書いており、児童向けの小説なども書いた小説家になります。

芥川賞は、芥川龍之介から名前をとった賞になります。

 

芥川賞は、純文学の中で最も優秀なものに与えられる賞と言われて、純文学の小説を書いている人にとってとても名誉な賞になります。

また、芥川賞に選ばれると有名になり売れる可能性が高くなるため、多くの小説家は芥川賞に選ばれたいと思っているのではないでしょうか。

 

1935年から始まり、一時中断されたこともありますが、今でも続いている芥川賞は日本の小説の賞のなかで、直木賞と共にもっとも有名な小説の賞の一つになります。

ちなみに直木賞は正式には「直木三十五賞」になります。

皆さんも芥川賞に選ばれた作品に興味がわいて読んだ経験があるのではないでしょうか?

しかし、小説で有名な賞であるは芥川賞と直木賞の違いを理解しているでしょうか?

 

本

〇芥川賞と直木賞

芥川賞も直木賞もどちらも小説家が目指す賞の一つといえますが、この二つは賞は、ジャンルは似てはいますが少し違うのです。

芥川賞は純文学で直木賞は大衆文学というジャンルになります。

この違いにわかっていない人は多くいるとも思います。

 

また、純文学と大衆文学の違いを理解していない人も多くいるのではないでしょうか?

私も大人になるまで、純文学と大衆文学の違いは、理解していませんでした。

純文学と大衆文学を理解している人なら、多くの人に勧める場合は、大衆文学を勧めるでしょう。なぜなら、大衆文学のほうが一般的になじみやすいジャンルだからです。

 

直木賞は、大衆文学で大衆が楽しめるように書かれた本になりますので、面白さや売れるかを重視している本になります。

だから直木賞は、エンターテイメント性を評価します。

そのため、直木賞は多くの人が読みやすく楽しい作品である特徴があります。

本を読む

それに対して、芥川賞の純文学というジャンルは、面白さではなく、芸術性や形式を重視した賞になりなります。

つまり、純文学は、本の文書の巧みさや文字の書き方の芸術性を重視しているため、面白さは二の次だと言える賞なのです。

 

芥川賞が、面白くないといっているわけではありませんが、あくまでも芥川賞は芸術性を評価している賞なのです。

芥川賞は、芸術的な表現力重視といったところでしょうか?

 

つまり、芥川賞と直木賞で面白いのはどちらかと聞かれれば、直木賞と答えたほうがいいと私は思います。

面白さを選ぶなら、直木賞の本をみるといいかもしれません。

 

芸術の本

〇芥川賞の良いところ!

純文学と大衆文学を読み比べると、多くの人は大衆文学のほうが、エンターテインメント性が高くて楽しく読めると思うかもしれませんが、純文学にもよいところがあります。

純文学の作品は、文章の表現が大衆文学とは少し違うと言われています。

私たちがあまり出会わない表現も純文学の中には存在しているので、感心する表現も多いですし、読み手側が考えて感じながら読めるという利点があります。

 

そして、純文学は芸術性や形式を重視しているとはいったものの、全く面白くないわけではなく、芸術性のみを評価しているわけではありません。

芸術性が高いながらも、味があり、面白い作品が芥川賞に選ばれるのです。

 

つまり、芥川賞は表現力が高く、面白さのある作品に与えられる賞なのです。

そのため、私のように表現力が低い人にとっては、純文学を読むことによって学べることが多く存在するのです。

作者の芸術性や思いを感じながら、面白く読める本が芥川賞に選ばれるということなのですね。

芥川賞に選ばれた作品を読んで芸術を感じてみてはいかがでしょう。

 - 生活, 雑学