楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

自信は大切だけど自信過剰は問題?!いったいどっち!?自信を持つべきか持たざるべきか?!

自信
おい、自信の無い顔をしているなぁ。自信が無いと上手くいかないぞ!

こんな風に、目上の人に自信を持つことは大切だと言われますが、なぜ自信を持つことが大切なのでしょうか?

また、あの人って自信過剰で嫌な感じじゃない?そうそう私もそう思ってた!あの人って自信過剰で嫌な人よねぇ。

このように周りの人が自信を過剰に持つことは、いけないことだと言っているのを聞いたことがありませんか?

 

自信を持つことは大切だけど、自信を持ち過ぎるのはダメだということだと思いますが、どれぐらいの自信が大切なのかわかりませんよね。

多くの人は、いったいどうすればいいのか?迷ってしまうと思います。

だから、どれぐらいの自信が必要なのかを考えて、ちょうどいい自信を持って良い未来を手に入れちゃうためにも、自信について考えてみましょうってことですね。

 

自信を持つ

では、手始めに自信を持つことが、なぜ必要なのかについて考えてみましょう。

○なぜ自信を持つことが大切なのか?

ある程度の自信が必要な理由は、自信が無ければ何事にもチャレンジすることができないからです。

だから、自信を持てなければ、意欲的に行動することができなくなり、何事も上手くいかなくなってしまうのですね。

なので、意欲的に行動して人生を楽しむためや物事を上手くいかせるためにも、自信を持つことが大切なのです。

 

そんな、意欲的に行動するために必要な自信ですが、あなたは自信を持っていますか?

自信を持って、自分に自信があると言える人もいるかもしれませんが、多くの人は、自信があまり無いと思っているのではないでしょうか?

そして、自分が自信を持っているのかが分からないいという人もいると思いますので、自信が無い人の特徴を知っておいてはいかがでしょう。

○自信が無い人の特徴(自信が無いと思われる人の特徴)

・自信が無い人は視線が常に下を向いて人と目を合わせない。
話すときに下を向いていたり、人と目を合わせない人は、自信が無い人だと思われますし、自信を持っている人は、話すときに下を向いたりしないのですね。

・表情が硬くぎこちない。(笑顔が少ない)
自信の無ささが表情に出てしまうのですね。笑顔が少なくて表情が硬い人は自信を持っていると思われません。

 

・何度も自分の昔の自慢話をする。
自分で自慢話をしてしまうのは、自信の無ささの表れではでないでしょうか?
今の自分に自信を持っている人は、昔の自慢話をしないですよ。

 

・やる前から悪い結果を予測している。
何事もやってみないと分からないのではないでしょうか?
やる前から自信を持たずに悪い結果を予測していては、いつまでたっても自信を持つことはできません。

 

・断定を避けて曖昧な言葉をよく使う。
たぶんできる。まぁできる。など、断定を避けて曖昧な言葉をよく使う人は、自信を持てていません。
自信を持っている人は、難しくてもできると思い込んで、挑戦するのですよ。

 

・他人に流されやすいのに否定的。
自信が無い人は、自分の意見を通さずに他人に流されやすいのです。
しかし、「でも」や「だって」と後で、他人の意見に否定的なことを言うのですね。

 

自信が無い人には、このような特徴があるのですよ。

自信が無い人の特徴に当てはまるという人は、自信を持てていないのかもしれません。

また、内なる自信を持っていても、相手に自信が無いと思われると損をする可能性もあります。

自信を持つ方法

だから、自信を持つためにも、自信を持っていると分かってもらうためにも、できることからしてみてはいかがでしょう。

○自信があると思われたい!自信を持つためにはどうすればいいのか?!

自信が無いと何事も上手くいかないことが多く、自信の無ささが相手にも伝わります。

だから、自信を持つことは大切なのですね。

では、自信を持つために自信を持てる方法で自信を手にいればみてはいかがでしょう。

・自信を持つためには成功経験が大切!
自信を持つためには、経験が大切であり、その中でも成功経験が自信の源になります。
小さなことでも達成感のある成功経験をすることで、自分に自信が持てるようになるのですね。
自信を持てない人は、小さなことからでもいいので、目標を持って行動し成功経験を積み重ねていきましょう。

 

・失敗を許すことも大切!許すことで自信が持てる?!
自信を失わないためには、失敗を許すことが大切です。
失敗を引きずっても良いことはありません。
失敗を許して糧にし、成功の元にするという考え方が、自信を持つためには大切なのです。

 

・自分の武器を身につけることで自信が持てる?!
人より長けている能力(武器)があれば、自信が持てますよね。
だから、自分の武器を身につけることができれば、自信が持てるようになるのです。

しかし、簡単に自分の武器を身につけることは難しいと思うかもしれませんが、自信を少し持つ程度であれば、そこまで凄い武器を身につける必要はありません。
スポーツでも、趣味でも、勉強でも、雑学でも、なんでも、いいので、周りの人より少しだけ長けている武器でいいのですよ。
ちょっとでも、自信を持てる武器を身につけてみてはいかがでしょう。

 

・客観的に自分の強みを知ることで自信を持てるかも?!
自分には強みが無いと思っている人もいるかもしれませんが、自分の強みに気づいていないだけで誰もが強みを持っているものです。
そして、自分の強みをきちんと理解できていない人もいるのです。
だから、自分の強みに気づくためにも客観的に自分を知ることも大切です。

また、自分では短所であり弱みだと思っていることが、実は長所で強みだということもあるのです。
例えば、短所だと思っている計画性がない行動は、行動力があるという長所になるのです。
他にも、短所では「諦めが早い」が、長所で考えると「切り替えは早い」になり、「優柔不断」という短所は、「慎重に物事を考える」などの長所になるのですね。
客観的に自分の強みを知って自信を持ってみてはいかがでしょう。

 

このように自信を持つためには、経験をして失敗を糧に自分の武器を身に付けることが大切なのですね。

そして、客観的に自分を分析することも大切なのです。

 

自信過剰

でも、自信を持ちすぎるのは、あまり得策ではありません。

自信を持って、自分に自信があると言える人は、もしかしたら自信過剰になっているかもしれませんよ。

○過剰な自信は失敗の元になるかも?!自信過剰はダメ!

自信過剰とは、自信を多く持ち過ぎることであり、本来の実力などを見誤り、自らを過大評価してしまっている状態のことです。

自信過剰になると、自分の実力以上のことができると勘違いして、多くの人に迷惑をかけることになります。

 

そして、自信過剰だと思われると勘違い野郎だと思われて周りの人に嫌われることになります。

失敗は成功の元というが、自信過剰は失敗の元となり、嫌われる元となります。

だから、自信過剰になってはダメなのですね。

自信過剰の特徴

では、自信過剰にならないためにも、自信過剰に気づくためにも、自信過剰の人の特徴を知っておきましょう。

○自信過剰の人の特徴

自信過剰と判断するのは、周りの人であって、自信過剰だと自分で気づくことは難しいのです。

だから、自信過剰になっていないのかを知るためにも自信過剰の人の特徴を知っておきましょう

 

・自信過剰の人は嫌になるぐらい自慢話をする。
自信過剰な人は、自分の自慢話が多い傾向があります。
例えば、異性にモテる、自分は仕事ができる、給料が高い、学歴が高いなど、自慢して人が羨むことに喜びを感じるのです。

 

・自信過剰の人は人を見下す傾向が高い!
自信過剰になると自分が凄いと思ってしまうので、相手を見下すようになります。
偉そうな態度をとったり、偉そうな言葉づかいをしたりするのは、自信過剰になっているからなのです。

 

・自信過剰の人は間違いを認めない?!
自信過剰になると、どんなときでも自分が正しいと思いたいので、間違いを認めなくなるのです。
本当の自信を持っている人は、きちんと自分の間違いを認めることができるのですよ。

 

・自信過剰になると人の話や意見を聞かない。
自信過剰になると、自分で最高の答えを導き出せると思い込んでしまうので、人の話や意見を聞かなくなるのです。
しかし、人の意見を聞かないので失敗をすることが多くなるのですね。

 

・自信過剰な人は身分不相応なアクセサリーなどを身にまとう?!
自信過剰になると、自分を過大評価してしまうので、身分不相応のアクセサリーなどを身にまといたくなるようですよ。

 

自信過剰の人の特徴に当てはまるという人は、自信過剰になっているかもしれませんよ。

自信過剰になってしまうと、周りの人に迷惑をかけることになりますし、周りから嫌われてしまいますよ。

自信は大切ですが、自信過剰はダメなのです。

自信過剰はダメ

適度な自信を持つことが大切であり、過剰に自信を持つと逆効果にもなるのですね。

自信は、過ぎたるは猶及ばざるが如しなのです。

何事もほどほどが大切であり、自信もほどほどに持つことが大切なのですね。

 - 思考, 生活