楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

死ぬリスクが上がることをしていませんか?長生きしたい方は死ぬリスクが上がることを知ってみてはいかが?!


多くの人は、たぶん死にたくないと思っていますよね。そして、多くの人は長生きをしたいと願っていると思います。

そのように思っている方も、知らず知らずのうちに逆に死ぬ可能性が高くなることをしているかもしれませんよ。

では、死ぬリスクが高くなることを紹介していきますので、死ぬリスクを高くしないためにも学んじゃいましょう。

 

○死ぬリスクが高くなることがある?!

死ぬリスクが高くなる理由はいろいろありますので、少しだけ死ぬリスクが高くなることを紹介してみます。

・肥満が死ぬリスクを高くする

肥満は、不健康であることは多くの方が理解していると思いますが、肥満が生活習慣病のリスクを高めて、心筋梗塞や脳卒中など、死につながる恐ろしい病気を招くことを理解しているでしょうか。
だから、肥満になると死ぬリスクが高くなっているのですよ。

しかし、痩せすぎよりもぽっちゃりの方が健康的だというデータもありますので、痩せすぎも問題なのです。

 

・運動不足は死ぬリスクを高くする

運動不足は、死ぬリスクを高めているのです。肥満と同じなのでは?と思う方もいるかもしれませんが、肥満による死亡者より運動不足による死亡者の方が2倍多いというデータもあるようです。

ただし、急に無理な運動をすると、それが原因で死ぬ可能性があるので注意が必要ですよ。

 

・暴飲暴食は死ぬリスクを高くする

暴飲暴食をすると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなり死ぬ可能性が高くなると言われています。

そして、暴飲暴食を繰り返すと肥満になる可能性が高くなるので死ぬリスクが高くなるのですね。

 

・睡眠不足は死ぬリスクを高くする?!

睡眠不足が続くと、健康に悪いので死ぬリスクが高くなりますし、睡眠不足によって注意散漫になり事故などを起こす可能性も高くなるので、死ぬリスクが高くなります。

しかし、睡眠不足は健康に悪く死ぬリスクを高めますが、なんと睡眠過多も死ぬリスクを高めるというデータがあるようなのです。

だから、睡眠は適度が一番良いということですね。

 

・急激な温度変化は死ぬリスクを高くする

急激な温度変化は、身体に大きな負担をかけ、ヒットショックを起こす可能性があり、死ぬリスクを高くするのです。

ヒートショックとは、急激な温度差によって血圧が上下に大きく変動することなどが原因となり起こる身体の変化のことで、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こし死亡する可能性もあるのです。

特に冬場の風呂やトイレなどがヒートショックに注意が必要です。

 

・座りっぱなしは死ぬリスクを高くする

長時間動かずに座りっぱなしでいると血栓ができて、エコノミークラス症候群とよばれる死ぬ可能性の高い病気になる可能性があるのです。

だから、座りっぱなしは危険なのですよ。

座りっぱなしの仕事をしているという人は、意識して血栓ができないように、少しは動くようにしましょう。

 

・大便のときに思いっきりきばると死ぬリスクを高くする

大便のときに誰もがきばると思いますが、特に便秘気味のときは、思いっきりきばってしまいがちですよね。

そして、この「きばる」という行動は、かなり死ぬリスクを高くしているのです。

思いっきりきばると、血圧が急激に高くなり、心臓や血管に大きな負担をかけます。

そして、血管が血圧に耐えられなくなれば、破裂してしまい死んでしまう場合もあるのです。

 

・タバコは死ぬリスクを高くするし周りの人の死ぬリスクも高くする?!

タバコは健康に悪く自分の死ぬリスクを高くしているのですが、なんと周りの人も受動喫煙といって、タバコの煙を吸い込むことで死ぬリスクを高くしているのです。

 

・出世が死ぬリスクを高くするかも?

運よく出世できる人もいるかもしれませんが、出世するためには多くの人は、必死に働いて上司や部下、取引先に気を使ってストレスを抱え込むことになります。

そして、出世すれば、責任も重くなり、よりストレスが多くなる可能性が高いのです。

過多なストレスは、健康に悪く、健康被害をもたらしますので、死ぬリスクを高くする可能性があるのです。

 

このように死ぬリスクが高くなることは、いろいろとあり、長生きしたいのであれば、いろいろなことに注意することが大切なのですね。

そして、死ぬリスクが高い仕事をご存知でしょうか?

○死ぬリスクが高い仕事

仕事によって死ぬリスクが違うことをご存知でしょうか?

安全な仕事もありますし、危険な仕事もありますので、もちろん。仕事によって死ぬ可能性が違うのですね。

では、死ぬリスクの高い仕事を紹介していきます。

 

漁師は、危険な仕事であり死ぬ可能性が一番高い職業だと言われています。

ただし、漁師の種類によっても異なりますけど・・・。

 

他にも、林業、農業、炭鉱業、運送業、建設業なども死ぬ可能性が高い職業です。

また、パイロット、宇宙飛行士も死ぬリスクが高い職業だと言われています。

そして、日本では、そこまで死ぬリスクが高くありませんが、警察官も死ぬリスクが高い職業だと言われています。

 

さらに自殺率の高い職業もあるようで、医者、金融業、弁護士などが自殺率が高いようです。

このように職業によって死ぬリスクが違うのですね。

※死ぬリスクについては、確実なデータがあるわけではありませんので参考までに。

 

そして、もしかしたら仕事が直接的ではなく間接的に死ぬリスクを高くしている場合もあると思います。

ここからは個人の予測ですが、会社によって違いますが営業職の場合は、ストレスや不摂生な生活などによって死ぬリスクが高くなっている可能性もありますよね。

 

死ぬリスクが高いという視点で紹介してきましたが、次は死ぬリスクを下げる方法について考えていきますね。

○死ぬリスクを下げる方法はある?!

死ぬリスクが高くなることがあるということは、死ぬリスクを下げる方法もあるということです。

例えば、死ぬリスクが高くなることで説明した運動不足ですが、逆に適度な運動をすることで健康になり死ぬリスクを下げることができるということなのです。

だから、死ぬリスクが高くなることに気を付けるだけでも、死ぬリスクを下げることができるということなのです。

また、死ぬリスクの高い仕事をさけることでも、死ぬリスクを下げることができます。

死ぬリスクを下げるためには、健康的に適度な運動をして、食生活に気を付けて、健康に悪いことに気を付けて暮らすことが大切だという誰でも思いつきそうなことが大切なのですね。

 

そして、長生きの最高上位版である永遠の命が欲しいと願う方もいると思います。

しかし、未来はわかりませんが、現在は、人間には寿命があり、誰もが平等に死んでいくのです。

平等とはいえ、医療技術の進歩により、お金がある方が優先的に医療技術によって長生きできるのですが・・・。
とはいえ、多くの人が憧れる永遠の命「不老不死」が可能なのか気になるという方もいますよね。

そんな方は、下記のページをご覧ください。

不老不死は可能?不可能?不老不死の行きつく先は人造人間?! あなたは不老不死になりたいですか?!

永遠の命である「不老不死」が幸せなのかは疑問ですが・・・。

 - 健康, 生活