楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

生きている?死体「ゾンビ」を知ろう!本来のゾンビはそこまで怖くないらしい!?ゾンビは本当に存在するの?


ホラー映画などで出てくるゾンビって怖いですよね。

そして、ゾンビに噛まれると次々に感染してゾンビが増えていきます。

ちなみに、私は足が遅いですし怖がりなので、ゾンビに襲われた場合には、逃げ切れる自信がありませんので、早めに諦めてしまうかもしれません。

話がそれましたが、そんな、怖いイメージがあるゾンビですが、元々のゾンビは今のゾンビの様に恐ろしくなかったようです。

 

〇本来のゾンビは死体の奴隷?!

ゾンビと言えば、ゾンビに噛まれることで感染して増えていく、人を襲ってくるモノだというイメージがありますが、本来のゾンビは人を襲わないようです。

本体のゾンビとは、ブードゥー教といわれる民間信仰の司祭で腐る前の死体を蘇らせて、奴隷にした死んだ人間がゾンビなのです。

つまり、ゾンビは人によって操られている死体の事であり、人間を襲ってくるわけではありませんでした。

 

そして、死人を腐る前に蘇られる必要性があるので、皆さんがイメージする腐りかけのゾンビとは違い、見た目は、血色の悪い人間という感じだったのではないでしょうか?

また、本来のゾンビには感染力がないので、現在。多くの人がイメージしている感染が拡大して人間を襲うゾンビとは全く違うのです。

まあ、死んで埋葬したはずの人間が、甦らされて誰かの手伝いをしていると考えると恐ろしい光景かもしれませんが。

そして、死んでからも、手伝いをさせられるとは、ゾンビにはなった人は非常に可愛いそうな感じがしますね。

 

そんな、本来は、人の奴隷というゾンビは、人間の想像によって進化していくのです。

〇ゾンビはウイルス感染によって広がるようになる?!

ゾンビは、死体の人の奴隷だったのですが、1960年代にゾンビに殺された人もゾンビ化するという設定が付けくわえられ現代のゾンビのイメージに近づきます。

ただし、当時はウイルス感染によってゾンビが広がるのではなく、呪術や魔法によってゾンビが誕生して、ゾンビが増えていくものでした。

それが、現代ではウイルス感染によってゾンビになるようになり、ウイルスによってゾンビが広がると認知されるようになったのです。

 

だから、今では、ゾンビはウイルスによって誕生し、ウイルスによって拡大すると思っている人が多いのではないでしょうか?

私も、ゾンビがどのように誕生したか知らずに、最初からウイルスによって感染している物だと思っていました。

普通に考えて、ウイルス感染の方が、呪術や魔法よりも現実味があるので、想像しやすく広まったのではないかと思います。

そんなゾンビがウイルスによって感染するという常識が広まっていますが、ゾンビウイルスが本当に誕生するのでしょうか?

〇ゾンビウイルスの生息はほぼ不可能?!

現在では、ゾンビといえばウイルスによって感染すると思っている人が多いですので、ゾンビウイルスが誕生するのではと恐れる人もいるのではないでしょうか?

しかし、現代の技術を思ってしても、私たちが想像するゾンビを作りだすウイルスを作るのは不可能であるとされており、私たちの世界でゾンビが大量発生する可能性は、ほぼありません。

もしかすると、未来にはゾンビウイルスが誕生するかもしれませんが・・・。

そして、ゾンビウイルスが誕生するような未来には、それに対応する技術が生まれている可能性が高いので、問題ないかもしれません。

しかし、本当にゾンビが誕生すれば、世界はどうなってしまうのか気になる方もいると思います。

そんなことを本気で考えて仮説を導き出した人たちがいるのです。

○ゾンビが大量発生すれば世界は滅びる?!

基本、私たちが知っているゾンビは、考えて行動することができません。

だから、ゾンビは乗り物の運転ができないので、移動手段は徒歩になり、世界中に感染するには時間がかかると予想されます。

そして、最初にゾンビが発生した場所は、深刻な被害がでると思われますが、日本は島国なので他の国でゾンビが発生しても、すぐに被害がでる可能性は低いと思われます。

 

なので、ゾンビが発生しても、日本で発生しなければ、日本は大きな被害を受けない可能性が高いと勝手に私は仮説をたてていたのですが、実際にゾンビが発生した場合の仮説をたてている方がいたのです。

そのゾンビが発生した場合の仮説をたてた方は、英レスター大学の物理学や天文学を専攻する学生たちであり、私よりも頭が良いと思われる方たちなのです。

 

なんと、その仮説は、「ゾンビが発生すれば、100日後には人類が滅亡する?!」という仮説なのです。

この仮説では、ゾンビが他の人間に接触することでゾンビが感染して、ゾンビが増えていくケースが適用されたようです。

そして、その仮説で導き出された結果は、ゾンビが発生してから100日後、ゾンビになっていな人間は273人だけとなり、人類が滅亡寸前になるというものです。

 

しかし、この仮説は、人間が反撃しないということが前提の仮説なので、人類が兵器を使ってゾンビに戦いを挑めば、人類が滅亡しない可能性も多いにあるのですね。

 

結局、ゾンビって存在は不確かなモノであり、ゾンビが本当に存在するのかは定かではありませんが、ゾンビウイルスによって誕生したゾンビはいない可能性の方が高く、ほぼ無いといってもいいのですね。

 - 雑学