楽A

楽しくをモットーに気になる事や学んだ事を紹介する異種雑学サイト

感情をコントロールする方法はあるの?!怒りなどの負の感情はコントロールした方がいいかも?!

感情コントロール
人間には、喜怒哀楽などの感情があり、生きるために感情を表にだすことも大切ですが、場合によっては、感情を出さない方がいい場合がありますね。

喜びや楽しいときの感情は、別に無理にコントロールする必要はないかもしれませんが、哀しみや怒りの感情は、時によってコントロールした方がよい場合があります。

 

仕事などをしていれば、嫌な思いをして怒りを感じることがありますが、そんな時に怒りにまかせて感情を表にだせば、仕事が上手くいかなくなる可能性が高くなりますよね。

そして、逆に楽しくないときでも、時には楽しそうにしなければならない場合があると思います。

そんな時には演技力も大切ですが、感情をコントロールすることも大切ですね。

このように人生をより良くするためにも、感情をコントロールする術を身につけることが大切なのです。

感情がコントロールできない

では、なぜ感情をコントロールできなくなるのかを考えてみましょう。

〇感情をコントロールできない理由

感情がコントロールできない理由は、人によって違いますが、根本にはストレスや体調不良などがあります。

だから、感情をコントロールするためには、ストレスをため込まないことや体調を管理することが大切なのです。

そして、心の余裕・時間の余裕・お金の余裕という余裕も大切なのです。

余裕がなければ、感情をコントロールするどころではありませんよね。

 

感情をコントロールできない理由は、それだけではありませんが、大抵の人が当てはまるのではないでしょうか?

また、気候の変化や急激な温度差でも、自律神経が乱れて感情もコントロールできなくなるのです。

そして、女性に多いといわれているホルモンバランスの乱れによる情緒不安定によって感情をコントロールすることが難しくなる場合があります。

また、男性も四十代以降はホルモンバランスが乱れて感情の起伏が激しくなるのですね。

病的感情

さらに、感情がコントロールできない理由としては、病気も考えられるのです。

〇感情がコントロールできないのは病気が原因かも?!

感情がコントロールすることが難しくなる病気があります。

認知症、鬱病、境界性人格障害、統合失調症などの病気になれば、感情のコントロールが難しくなります。

だから、もし感情が上手くコントロールできないと自覚がある場合や、家族が怒りっぽくなった落ち込みやすくなったなど、気になる場合は、早めに病院を受診した方がいいと思いますよ。

負の感情

たかが、感情のコントロールだと思っている人もいるかもしれませんが、負の感情をコントロールできなければ、人生を台無しにしてしまうことになるかもしれませんよ。

〇負の感情をコントロールしないと大変なことになるかも?!

特に怒り、焦り、不安などの負の感情は、コントロールしなければ、悪影響を及ぼします。

・怒りの感情

怒りの感情が爆発してしまうと、大変なことになるかもしれません。

怒りの感情をコントロールできずに、暴力でもふるえば暴行罪や傷害罪になります。

暴行罪は、人に対し暴行を加えたて相手が傷害を負わなかったときに成立する罪ですが、2年以下の懲役若しくは30万円以下の罰金又は拘留若しくは科料に処されます。

そして、人に対し暴行を加えたて相手が傷害を負ったときに傷害罪になり、15年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処されます。

たかが、感情のコントロールだと思っている人もいるかもしれませんが、感情をコントロールできずに人生を台無しにしてしまうことがあるのですね。

だから、怒りの感情などをコントロールすることは、人間社会で生きて行くためには大切なのです。

怒っていい事あるの?怒らない方が幸せかも?! 怒ることのメリット・デメリットヽ(゜Д゜)ノ

 

・焦りの感情

冷静に判断すれば失敗しなかったことが、焦りの感情によって失敗してしまうことがありますよね。

ちょっとしたことであれば、問題ないかもしれませんが、焦りによって交通事故を起こして、人生を台無しにすることもあるかもしれませんし、焦りによって冷静な判断をしないことで、重大なミスを犯して取り返しが付かないことになる場合もあるのです。

だから、焦りの感情をコントロールできなければ、大変な事態になることがあるのです。

 

・不安の感情

人は不安の感情によって間違った憶測を生み出し、間違った判断をしてしまうことがあります。

不安の感情によって疑心暗鬼になれば、人を信用できなくなって、良い人間関係を築くことができなくなるかもしれません。

疑心暗鬼になって、間違った判断をして大変なことになる場合もあると思います。

だから、不安の感情をコントロールすることが大切なのですね。

負の感情暴走

感情をコントロールできなければ、人生を台無しにしてしまうことがあることを理解していただけたでしょうか?

では、感情をコントロールするための方法を学んでいきましょう。

〇一時の感情をコントロールする方法はある?!

一時の感情によって、多くのモノを失うことがありますので、一時の感情をコントロールする方法を学んでおきましょう。

1. 表情を変えるだけで感情も変わる?!

感情によって表情が変わりますが、表情によってもある程度は感情が変わります。

だから、笑顔を意識するだけでも、負の感情をコントロールすることができるのです。

 

2. 客観的に判断する。

感情は主観であり、客観的に考えることで冷静になれますので、感情をコントロールすることができます。

だから、感情が高ぶったときには、客観的に判断することを意識するだけでも、感情のコントロールができるのですね。

 

3. 感情をコントロールするための言葉を決めておく!

言葉を決めておくことで、冷静になれるのです。

怒りの感情が生まれたときには、「笑顔が一番」など、哀しみの感情が生まれたときには、「時間が解決」など、焦りの感情が生まれたときには、「急がば回れ」などという風に、感情によって思い浮かべる言葉を決めておくことで冷静になれるので、感情をコントロールすることができるのです。

 

4.10秒間感情を我慢する。

怒りの感情は瞬発的に大きくなりますが、6秒もすれば怒りの感情は薄れると言われていますので、10秒間、怒りの感情を我慢すれば、無駄に怒る必要がなくなるのですね。

 

5.深呼吸をする。

深呼吸をすると落ち着くことができますので、感情が高ぶっているときは、落ち着くために深呼吸です。

深呼吸をすることで、落ち着くことができるので感情をコントロールすることができるのです。

人によって効果は違いますが、少しでも一時の感情をコントロールするためにお試しあれ!!

感情をコントロールする

そして、日頃から感情をコントロールするための準備がとても重要だということを知っていますか?
だから、

〇感情をコントロールするために今日からできること。

感情をコントロールするために出来ることから初めましょう。

感情をコントロールするためには自分を知ることも大切です。

怒りっぽい、すぐに落ち込むなどの性格だと、客観的に自分を知ることで対処することができるようになるのですね。

だから、まずは自分のことを客観的に知ることが大切なのです。

 

そして、感情をコントロールするためには、食生活や生活スタイルなどが大きく影響を及ぼすことも理解しましょう。

食生活が偏ってしまうと怒りっぽくなったり、不規則な生活をすると脳内物質の分泌によって感情が乱れたりすることもあるのです。

だから、感情をコントロールするためには、日頃から規則正しい生活やバランスのとれた食生活が大切なのですね。

また、適度な運動も感情をコントロールするために大切だといわれています。

 

そして、体調不良やストレスによっても感情をコントロールすることが難しくなりますので、体調管理やストレス発散も大切です。

最後になりますが、余裕がなければ、感情に余裕がなくなり、感情をコントロールすることが難しくなりますので、心の余裕・時間の余裕・お金の余裕を考えて生活することも大切ですね。

このように簡単にできることから初めてみてはいかがでしょう。

感情を鍛える

そして感情をコントロールするために鍛えることができますので学んでおきましょう。

〇感情をコントロールできるように鍛えてみる?!

・瞑想をする。

瞑想をすればリラックス効果がありストレスが軽減して、感情をコントロールする力が鍛えられるといわれています。

瞑想の方法は、目を閉じて静かに背筋を伸ばして、ゆっくりと鼻で息をするだけ、数分でも効果があるようです。

 

・利き手でない方の手を使う。

利き手でない方の手である逆利き手を使うことで、感情をコントロールすることができるようになるといわれています。

だから、簡単なことでいいので、利き手でない方の手でしてみてはいかがでしょう。

→ 利き手じゃない方の手である逆利き手を使うと意外な効果を得ることができる?!逆利き手を使ってみませんか?!

 

感情をコントロールできなければ、いろいろな問題が生じる可能性が高くなりますので、感情をコントロールする方法をお試しあれ!!

 - 思考, 生活